政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・小泉 進次郎氏のホームページの評価と最新情報


  目次
小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報
小泉 進次郎氏のプロフィール
小泉 進次郎氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


小泉 進次郎氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区神奈川
議員以前の職小泉純一郎 秘書
ホームページhttps://shinjiro.info/



小泉 進次郎氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2012/01/08


コメント 小泉 進次郎氏のホームページは、ただいま調査中です。

補足、政治家の情報など、Etc 小泉氏に対する世間の期待は高いのですが、
ホームページは中身が薄い。
期待に応えていません。

小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報


小泉 進次郎氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

環境省の働き方改革をしっかりと根付いたものにしていきます。
 2020-09-23 08:56:14

おはようございます。
小泉進次郎です。
菅新政権の下、先週末には副大臣・政務官も発表になり、環境省は、笹川博義副大臣、堀内詔子副大臣、宮崎勝政務官、神谷昇政務官という新しい顔ぶれになりました。
私は昨年の大臣就任当初から環境省の働き方改革に取り組んでいますが、コロナ後に株式会社ワーク・ライフバランス社が実施した「コロナ禍における政府・省庁の働き方に関する実態調査」の結果では、テレワークの省庁別活用度、大臣への説明のデジタル化・ペーパーレス化、全ての項目で一位になりました。
大臣としての二期目はこの流れを、コロナ禍の一過性の働き方ではなく、しっかり根付いたものにしたいと思い、新たに就任した副大臣・政務官にも、早速公用の携帯とタブレットを貸与し、環境省での働き方改革について説明をしました。
また、菅総理が掲げる、縦続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

第99代菅義偉内閣総理大臣が誕生しました。
 2020-09-17 15:42:03

こんにちは。
小泉進次郎です。
昨日、第99代菅義偉内閣総理大臣が誕生しました。
21時過ぎから初閣議があり、その後官邸で記念撮影をしました。
(この記念撮影の写真は皆さんも色々なところでご覧になっていると思います) もう一つの写真は、撮影前に閣僚が自分の立ち位置を確認し、階段に並ぶのに向かう直前の様子です。
「国民のためになる、国民のために働く内閣」の菅政権の下、環境大臣、兼内閣続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

環境大臣一年間の振り返り 2020-09-16 01:28:18

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日の閣議後記者会見が安倍内閣で最後の定例会見ということで、環境大臣の一年間を振り返ってお話しました。


今回職員の皆さんに私の一年はどうだったのか?と聞いたところ、こちらをまとめてくれました。
職員のみんなは私のことをこんな風に思ってくれていたんだなという想いで、会見ではお話しました。
改めて、この一年間支えてくれた環境省職員、応援してくれた全ての皆様に感謝しています。
長くなりますが、お読み頂けたら嬉しいです。
私は、昨年の就任会見で、「環境省は社会変革担当省だという思いで取り組む」と申し上げました。
その想いを持ち続けながら、この1年間精一杯取り組んできました。
その後、新型コロナウイルス感染症の問題が発生し、今、私達は、感染拡大防止と社会経済活動の両立という、世界共通の大きな課題に直面しています。
このような時代の転換点に立っている今こそ、コロナ前の経済社会に戻るの

自民党総裁選が終わりました。
 2020-09-14 18:03:39

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日、自民党の総裁選が終わり、菅義偉自民党新総裁が誕生しました。
改めて、安倍前総裁、本当にお疲れ様でした。
印象に残った菅さんの言葉は、「私の取り柄は、仕事です」。
仕事師、改革者らしいスピーチでした。
三候補の皆さんも本当にお疲れ様でした。
今夜は環境大臣としてOECD主催の気候変動に関する閣僚会議にオンラインで出席します。
安倍内閣は明後日で総続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

未来の子どもたちに豊かな海と海岸を残すために。
 2020-09-13 23:10:03

こんばんは。
小泉進次郎です。
週末は、日本財団と環境省による全国一斉清掃キャンペーン「秋の海ごみゼロウィーク」のキックオフイベントに参加しました。
海へのゴミ流出を少しでも防ごうと9月12日から「WORLD CLEANUP DAY」までの1週間、日本全国の約400箇所で清掃活動が行われ、20万人が参加する予定です。
マンガ「ワンピース」のルフィに扮した日本財団の笹川会長と一緒に会場の東京タワー近くの公園でゴミ拾い。
イベントには多くのコスプレイヤーの方も参加・協力してくれました。
一見ゴミがたくさんあるようには見えないのですが、植え込みの影などに、タバコの吸殻、飲み物の缶・ビンやお弁当の容器など、たくさんのゴミを拾うことになりました。
昨年のG20の大阪ブルー・オーシャンビジョンで「2050年までに海洋プラスチックごみの追加汚染をゼロにすることを目指すこと」を首脳レベルで合意しました。
7月から始まったレジ袋有料化によって、少しずつ世の中でプ

脱炭素社会・分散型社会の実現 ーバッテリー交換式EVバイクの視察に行きました。
 2020-09-12 00:47:40

こんばんは。
小泉進次郎です。
新型コロナウィルスの影響から、食事のデリバリーやeコマースなど比較的短距離での配送の需要が伸びました。
この変化をきっかけに、経済回復と気候変動対策を同時に進めるため、バイクや電気自動車(EV)の導入費用の補助事業を公募しました。
今日は、その事業の一つ、日本郵便が配送に使用しているEV(電動)バイクの視察に行きました。
このホンダの電動バイクの特徴は、バッテリーが交換式ということです。
配送拠点に電気自動車のバッテリーステーションを設置し、災害が発生した際にはエネルギーステーションになります。
また平時には太陽光や風力など、再生可能エネルギーの蓄電場所にもなり、脱炭素社会、分散型社会の実現に繋がります。
このことは、9月3日に行われた世界96か国が参加したオンライン・プラットフォーム(オンラインでの気候変動に関する閣僚級会合)場でも、私からコロナ禍の日本のユニークな取り続きをみる

自民党の総裁選挙が始まりました。
 2020-09-08 23:35:54

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日から、自民党の総裁選挙が始まりました。
菅官房長官の出陣式では、これまで官房長官が手がけてこられた中でも特に代表的な、観光、農業輸出、ふるさと納税の3つの政策について、民間の方から応援のスピーチがありました。
2番目に登壇した谷口牧場の谷口さんは、神戸ビーフを育てている畜産農家さんです。
海外で人気の高い神戸ビーフの輸出に際して、縦割り行政の狭間で谷口さんが苦労していた時に、官房長官が一刀両断で解決してくれたエピソードを紹介されました。
私が谷口さんにお会いしたのは農林部会長の時です。
意見交換会で初めてお会いして、後日谷続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

環境省は全国にある34の国立公園を管理しています。
 2020-09-08 00:44:06

こんばんは。
小泉進次郎です。
環境省は全国にある34の国立公園を管理しています。
土曜日にはその中の一つ、「磐梯朝日国立公園」70周年の記念式典があり、主催者として参加しました。
この公園は、福島、山形、新潟県にまたがり、2番目に大きな陸域を抱える国立公園です。
福島県と先月末に締結した「福島の復興に関する連携協定」の中にも書かれている、国立公園でのワーケーション促進を自ら実践しようと、金曜日の午後には、磐梯朝日国立公園の中にある「休暇村裏磐梯キャンプ場」で、ワーケーションに取り組んでいる企業の方々、福島をワーケーションの聖地にしようとしている福島県の担当者の方と、オンラインで繋いで意見交換をしました。
磐梯山をバックに風を感じながら仕事をするのはオフィスと比較にならない気持ちよさで、距離さえ保てばマスクが外せることも快適で開放感を感じました。
これもコロナ禍での国立公園でのワーケーションの魅力だと思いま

3日深夜、「オンライン・プラットフォーム」が成功裏に終わりました。
 2020-09-05 15:07:37

こんにちは。
小泉進次郎です。
3日深夜に「オンライン・プラットフォーム」が成功裏に終わりました。
4時間を超える会議でしたが、目立った通信のトラブルもなく、安定した会議運営が出来たことは、改めてチーム力、やると決めたら真面目に取組むなど、日本、日本人の強みが発揮出来たと思います。
最終的には、96カ国、46カ国の大臣・副大臣が参加され、のべ91カ国から取組みの共有やビデオメッセージの提供を頂き、気候変動をテーマにしたオンライン会議では、世界最大規模の会議になりました。
詳しいまとめは来週早々に発表しますが、日本が提案した「リデザイン(再設計)」という、コロナ後の経済社会を再設計するというコンセプトは多くの国から支持されました。
今回情報発信の場となったWebサイト「Platform for Redesign 2020」(プラットフォーム・フォー・リデザイン2020)では、今後も気候変動の取組みの共有の場として活用し、今後予定される様々な気候変動の国際会議

今夜、気候変動閣僚級会合「オンライン・プラットフォーム」が開催されます。
 2020-09-03 09:00:59

おはようございます。
小泉進次郎です。
今晩、私が議長を務める、今年最大の気候変動閣僚級会合「オンライン・プラットフォーム」が開催されます。
この会議の参加国数は86カ国、52名の大臣・副大臣の出席が予定されています。
オンライン・プラットフォームのサイトでは、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア (SSFF & ASIA)2020「地球を救え! 環境大臣賞」の受賞作品である『オアシス』を観ることが出来ます。
(ニックネーム、メールアドレス、パスワードの登録が必要です) 『オアシス』の三好優太監督は、「人間の発展と共に様々な環境問題が生まれ、生物の生態系も崩れ始めている。
人間の叡智のAIテクノロジーで生物を救えたら素敵だなという思いをこめた」「若い世代が環境の問題に当事者意識を持ってくれたら」と話してくれました。
今日の会議では、新型コロナウィルスと気候変動、この2つの危機への対応について議論します。
このテーマと『オアシ



テーマ別 政治家情報