政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・小泉 進次郎氏のホームページの評価と最新情報


  目次
小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報
小泉 進次郎氏のプロフィール
小泉 進次郎氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


小泉 進次郎氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区神奈川
議員以前の職小泉純一郎 秘書
ホームページhttps://shinjiro.info/



小泉 進次郎氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2012/01/08


コメント 小泉 進次郎氏のホームページは、ただいま調査中です。

補足、政治家の情報など、Etc 小泉氏に対する世間の期待は高いのですが、
ホームページは中身が薄い。
期待に応えていません。

小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報


小泉 進次郎氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

サステナビリティ広報大使の武井壮さん、東京オリ・パラ大会担当の橋本大臣と意見交換しました。
 2020-12-02 22:28:56

こんばんは。
小泉進次郎です。
先週、環境省の「サステナビリティ広報大使」に就任した武井壮さん、東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当の橋本聖子大臣と「気候変動xスポーツ」について意見交換をしました。
橋本大臣からは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京大会)での、気候変動に対する様々な取り組みの説明がありました。
(以下はその一例です) ・東京大会のCO2等の排出量を計算し、再生可能エネルギー、省エネ、レンタル・リースを活用して約10%の削減。
・大会運営の電気を、再生可能エネルギー100%を目指す。
復興五輪の観点から、東北等で発電された電気の活用も目指す。
・大会で使用する車両に、FCV(燃料電池自動車)の導入、聖火台の燃料や聖火リレートーチの燃料の一部にも水素を使用。
選手村内でも、一部施設の水素エネル続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

「環境Xファッション」でインタビューを受けました。
 2020-11-30 21:46:49

こんばんは。
小泉進次郎です。
最新のファッションやライフスタイルの情報を発信する、WWDジャパンのインタビューを受けました。
「なぜ環境大臣がファッションやライフスタイルを?」と思われる方もいると思いますが、環境大臣の一期目から、ファッション業界の環境負荷の大きさには問題意識を持っていて、8月にはファッション レボリューション ジャパンの提言を受け、伊藤忠商事や豊島、ファーストリテイリング、H&Mジャパン、アダストリア、帝人フロンティアなど9社との意見交換会も行いました。
2050年脱炭素社会の実現には、ファッションの脱炭素も重要な分野です。
無関心でいられても無関係ではいられない環境とファッツションについて、是非ご一読ください。
明日、12/1(火)19:0続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

住宅の脱炭素を。
「みんなでおうち快適化チャレンジキャンペーン」を開始しました。
 2020-11-29 10:40:40

おはようございます。
小泉進次郎です。
11月26日から環境省は新たなキャンペーンを始めました。
住宅の断熱リフォーム、省エネ家電の導入を促進する「みんなでおうち快適化チャレンジキャンペーン」です。
関連団体の代表の皆さんと 日本の古い家は断熱性能が低いため、WHO(世界保健機関)の推奨する室内温度18度に達していない住宅が多いそうです。
それを聞いて、私も子どもの頃、実家のトイレやお風呂までの廊下が冬になると、すごく寒かったことを思い出しました。
断熱リフォームを体験できるモデルハウスにて また日本では年間最大で約2万人の方がヒートショックで亡くなられているという推計もあります。
ヒートショックとは、暖かい室内から寒い廊下やトイレに移動したり、寒い脱衣所で着替えた後、温かい湯船につかったりするなど、急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで起きる健康被害のことを言います。
古い断熱材から最新の断熱材までの説明

地元横須賀でのコロナ感染防止策 2020-11-28 17:33:41

こんばんは。
小泉進次郎です。
昨日、首相官邸で開催された第48回新型コロナウイルス感染症対策本部に出席しました。
医療機関の逼迫が懸念される中、総理からはGo Toトラベルの見直しなど、爆発的な感染を食い止めるための新たな方針が発表されました。
私の地元・横須賀のホテルでは、入館時の手指の消毒、検温に加え、靴底、衣服の消毒、消毒などの対策済みの証明となるストラップを首にかけます。
更に、エレベーターのボタンを手で直接触れないための「綿棒」、マウスシールドの代わりとなる「うちわ」など、様々な工夫で感染防止を徹底していました。
ホテル側の負担はもちろんあると思いますが、これだけ徹底されていると安心続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

日本記者クラブで講演をしました。
 2020-11-27 15:15:21

こんにちは。
小泉進次郎です。
日本記者クラブで講演をしました。
2017年6月には「こども保険」、2018年12月には「国会改革」で講演し、今回で3回目です。
なぜ、カーボンニュートラルにこだわるのか?最近聞かれるこの問いに対する私の答えは、「脱炭素は世界最大の成長分野、成長産業である。
」 石炭政策の見直し、政府としての2050年目標を引き上げるべきだという訴えを続けてきた背景は何か。
日本は人口減少に向かい、国内の市場は縮小する中で、今後脱炭素に関する技術に対する投資やマーケットは世界で間違いなく大きくなっていく。
世界中がこれだけ投資を振り向けてい続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

「2050年までの脱炭素社会」の実現に向けてお話しました。
 2020-11-23 11:03:30

こんにちは。
小泉進次郎です。
昨日放送されたBSテレ東「NIKKEI 日曜サロン」が動画で公開されました。
「2050年までの脱炭素社会」の実現に向けて、環境省の役割の中で、どう関与していくのか。
生活者の目線から「脱炭素社会」の将来像について、約20分の動画です。
よろしければご覧ください。
‥‥‥‥‥‥‥‥続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

11月22日(日)9:30から放送のBSテレ東「NIKKEI 日曜サロン」に出演します。
 2020-11-21 09:42:46

おはようございます。
小泉進次郎です。
11月22日(日)9:30から放送のBSテレ東「NIKKEI 日曜サロン」に出演します。
菅総理が所信表明演説で発信された「2050年までの脱炭素社会」の実現に向けて、環境省はどう関与していくのか。
環境省が担当するライフスタイルの変革という観点からインタビューに答えましたので、どうぞご覧ください。
今日からの三連休、新型コロナの感続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

「気候非常事態宣言」が本日の衆議院本会議で決議されました。
 2020-11-19 21:59:23

こんばんは。
小泉進次郎です。
気候変動は非常事態と言われるまでの状況になり、脱炭素社会の実現を急ぐべきと、「気候非常事態宣言」が本日の衆議院本会議で決議されました。
その決議を受け、私から政府として、2050年までのカーボンニュートラル(脱炭素)に向けた取組みを加速すると表明しました。
気候変動での国会決議は、調べたところ過去に2回あり、今回で3回目になります。
前回は15年前、父が総理の時でした。
「地球温暖化はその影響が将来の世代にわたる。
また地球全体に及ぶ問題。
脱温暖化社会の実現に全力で取り組む。
」と発言しました。
当時は、米国が入らない形で京都議定書が発効するタイミング、今回は米国大統領選の勝利宣言をしたバイデン候補が、パリ協定に復帰するというタイミングになります。
この15年間で状況は大きく変化し、気候危機とまで言われるほどに深続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

環境委員会での質疑 2020-11-17 23:25:08

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日は菅政権の環境大臣としては初めてとなる環境委員会で私の所信に対する質疑がありました。
この第203回臨時国会で、環境大臣としての思いや政策の方針を表明する「所信表明演説」をし、その次の委員会の日に大臣の所信に対する質疑という形で3時間、与野党の委員から環境行政や原子力防災に関する様々な質問を受けます。
今日は午前中は衆議院の委員会で3時間の一般質疑を、午後は参議院の環境委員会で「所信表明演説」を行いました。
特に「所信表明演説」は一言一句間違いないように読み上げなければならず、毎回そうですがちょっとした続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

スウェーデンのヘーグベリ大使と対談しました。
 2020-11-12 23:50:41

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日、スウェーデンのヘーグベリ大使と対談しました。
大使とは昨年の11月、今年の6月と3回目の面会なので、最初から和やかな雰囲気でスタートしました。
テーマは菅総理が発表した、「2050年カーボンニュートラル」の実現について。
スウェーデンは2045年までのカーボンニュートラル実現を既に発表しています。
2050年脱炭素に向けての環境省の役割は、脱炭素のための新しい生活スタイルを構築するための施策作りです。
具体的には自動車、食、住宅、ファッションなど広範囲になります。
例えば自動車については、EV(電気自動車)やFCV(燃料電池自動車)を「動く蓄電池」と位置づけ、消費者の利用につながる政策を推進していきます。
まだ検討段階ですが、環境省が管理する施設にEV・FCVで来た場合に割引を行うなどEV・FCVの方が得になるような施策を考えています。
対談はファッションにも話が広がり、大量の新品の服が一度続きをみる『著作



テーマ別 政治家情報