政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・小泉 進次郎氏のホームページの評価と最新情報


  目次
小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報
小泉 進次郎氏のプロフィール
小泉 進次郎氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


小泉 進次郎氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区神奈川
議員以前の職小泉純一郎 秘書
ホームページhttps://shinjiro.info/



小泉 進次郎氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2012/01/08


コメント 小泉 進次郎氏のホームページは、ただいま調査中です。

補足、政治家の情報など、Etc 小泉氏に対する世間の期待は高いのですが、
ホームページは中身が薄い。
期待に応えていません。

小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報


小泉 進次郎氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

暴力等を理由に避難した大学生へ支援制度について 2022-06-21 21:39:05

こんばんは。
小泉進次郎です。
文科省が昨日アップしたお知らせ、「父母等による暴力等を理由に避難した大学生等への奨学金による支援について」地元横須賀の事例がきっかけになり、国の制度の見直しに繋がりました。
私の地元の横須賀に住んでいる大学生の方が、親の暴力から避難するために家を出たのですが、生活保護は大学に通うと対象でなくなります。
学ぶ意欲のある若者が、今回のようなケースで大学で学ぶことを断念せざるをえない状況に陥ることを防ぐために、何かできることはないか、文科省と厚労省とは話をしてきました。
奨学金が方法の一つなのですが、これまでは暴力による避難以外の理由(家族の死亡や病気、失職や災害など)であれば、すぐに奨学金が支給される制度でしたが、暴力等による避難の続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

「永田町メタバース会議」に参加しました。
 2022-06-16 22:23:52

こんばんは。
小泉進次郎です。
先週「永田町メタバース会議」に参加しました。
この名前の通り、リアルな会議ではなく、メタバース上での会議で、私にとっても初めての体験。
自民党の一年生議員の塩崎彰久さん、川崎秀人さんと一緒に、今国会を振り返りました。
とにかくすごく楽しかった!途中ちょとしたハプニングもありますが… ぜひYoutubeをご覧ください。
「永田町メタバース会議」はこちら。
当日は私が川崎秀人事務所の会議室に行き、川崎さんは事続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

今国会の活動報告その2(国会改革) 2022-06-16 16:41:24

こんにちは。
小泉進次郎です。
今国会の活動報告その2(国会改革) 今国会で私は衆議院環境委員会の筆頭理事を務めましたが、環境委員会という場で国会改革に挑みました。
その結果、国会の先例となる取組みを環境委員会で実現することができました。
それが、オンライン参加可能な委員勉強会です。
世の中はオンライン会議やリモートワークは進みましたが、国会では正式な委員会でオンライン活用は全くといっていいほど進んでいません。
今国会でも、まだ議員運営委員会でオンライン対応についての結論が出ていないということで、参考人ですらリモート参加は認められていません。
正式な委員会でダメなら委員会ではなく、「委員勉強会」という形なら認められるだろうという判断で動き出し、与野党の理解も得て、無事に実現しました。
有識者の方にはドイツと茨城県のつくばから、一部の議員もそれぞれの居場所からオンラインで参加してもらいました。
(「委員勉強会

今国会の活動報告その1 2022-06-15 14:55:45

こんにちは。
小泉進次郎です。
今国会の活動報告その1 6月14日、私が会長を務める「海洋プラスチック対策推進議員連盟」総会を開催し、安倍晋三元総理に議連の最高顧問にご就任いただきました。
安倍元総理に最高顧問就任をお願いした理由は、2019年6月、G20大阪サミットで共有された「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」(海洋プラスチックごみによる新たな汚染を2050年までにゼロにすることを目指す)の産みの親とも言える方だからです(安倍元総理は環境分野の議連の役員に就くのは初めてとおっしゃってました)。
安倍元総理には、当時の総理大臣として、大阪ブルー・オーシャン・ビジョンをどうやってまとめ上げたの続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

軽自動車のEVから、自動車の電動化は進化する。
 2022-06-14 18:06:37

こんにちは。
小泉進次郎です。
今日の朝刊で、日産と三菱自動車が発売を開始した新型の軽の電気自動車が想定以上にオーダーがあり、補助金の効果が高いという報道がありました。
今日の朝刊の記事 私は、環境大臣の時にEV補助金を倍増しました(40万円→80万円)。
それ以来、経産省の補助金も実質倍増され、その効果が販売台数の急増(今年4月は前年比2.5倍の販売台数)という形で出ているようです。
当時、日本は軽自動車EVから自動車の電動化が進んでいくと考え(環境大臣の時の記者会見)、支援制度の詳細を官僚の皆さんと考え、今回このように世の中が動き出し、交通分野の脱炭素の歯車が回り始めていることを本当に嬉しく思います。
3年後にノルウェーがガソリン車・ディーゼル続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

横須賀Uber始まりました。
 2022-06-06 17:54:23

こんばんは。
小泉進次郎です。
横須賀のタクシー会社5社で今日からウーバータクシーが始まりました。
神奈川県では初めてのウーバータクシーです(ライドシェアではありません)。
横須賀はアメリカ海軍基地があり、空母には数千人の乗組員がいますが、今日からは正式に基地の中からウーバーが使えます。
日本に来て新たにアプリをインストールすることなく、アメリカで使ってるサービスがそのまま使える。
手間も省け、タクシー利用が増え、基地の外に出て飲食店などの消費拡大に繋がることも期待できます。
さらに、今後海外からの訪日客の中でウーバー利用者が多くいる(世界で約1億人)ので、横須賀ではウーバーが使えるとい続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

衆議院環境委員会のメンバーによる「委員勉強会」をオンラインとリアルのハイブリッドで開催しました。
 2022-05-31 19:08:08

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日、衆議院環境委員会のメンバーによる「委員勉強会」をオンラインとリアルのハイブリッドで開催しました。
テーマは「カーボンニュートラルの世界動向について」。
有識者からの意見陳述として、東京大学未来ビジョン研究センター 高村ゆかり教授からは「ウクライナをめぐる情勢と気候変動政策へのインパクト」、国立研究開発法人産業技術総合研究所 櫻井啓一郎主任研究員からは「自動車産業の電動化に向けたの課題」を中心に、それぞれドイツと茨城県つくばからオンラインで参加いただきました。
高村先生、櫻井さんが資料に沿って説明をした後、出席議員が名札をたてて、質問をしました。
オンラインでの参加者にも発言者の顔がわかるよう、衆議院のスタッフが発言者に置くタブレットに向かって発言。
(まだ一人一台のタブレットはないため)ネットワークもスムーズで、問題なく約1時間半の勉強会を終えました続きをみる『著作

「自民党時局演説会」多くの方に来ていただきありがとうございました。
 2022-05-29 21:06:45

今日の「自民党時局演説会」には、1300名もの方に集まっていただきました。
本当にありがとうございました。
満員のよこすか芸術続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

シンガポールのバラクリシュナン外務大臣が横須賀に来てくれました。
 2022-05-29 21:01:19

こんばんは。
小泉進次郎です。
シンガポールのバラクリシュナン外務大臣が横須賀にわざわざ会いに来てくれました。
今回は首相に同行という中、横須賀訪問の提案を受けました。
横須賀美術館のレストランでランチをした時に「なぜわざわざ横須賀に?」と聞いたら「政治家や官僚が言ってることだけではわからないことがある。
その国の本当のことを少しでも理解するには仕事のミーティングだけでなく、自由な時間を作って、街を歩いてみたり、色んなことを感じることが大事だと考えている」と。
食事の後に観音崎の海辺を散歩をし、ベンチに座って家族のことなども話し、お互いの友情が深まる時間が持てました。
初夏の横須賀の空気の気持ちよさと海の魅力のおかげもあって最高の時間になりまし続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

国会改革、オンライン上で議論を行う「委員勉強会」を開催します。
 2022-05-24 23:55:28

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日の環境委員会の理事懇談会(通称、理事懇)で、オンラインで有識者や委員が参加して議論を行う「委員勉強会」という国会で初めての試みを5/31に実施することが決定しました。
与党内の関係者の理解はもちろん、野党の理解もあって、遂に今まで実現出来なかった国会でのオンライン活用に小さな風穴が開くことになりました。
私は今まで国会改革に取り組んできました。
働き方改革やDXと言いながら、国会は形式主義や前例踏襲主義が是正されず、働き方も非効率な働き方が続いています。
ペーパーレスなどは前進はあるものの、国会におけるオンライン活用は中々進んでいません。
ウクライナのゼレンスキー大統領の演説も国会の中では実現できなかったのが実情です続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。



テーマ別 政治家情報