政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・小泉 進次郎氏のホームページの評価と最新情報


  目次
小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報
小泉 進次郎氏のプロフィール
小泉 進次郎氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


小泉 進次郎氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区神奈川
議員以前の職小泉純一郎 秘書
ホームページhttps://shinjiro.info/



小泉 進次郎氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2012/01/08


コメント 小泉 進次郎氏のホームページは、ただいま調査中です。

補足、政治家の情報など、Etc 小泉氏に対する世間の期待は高いのですが、
ホームページは中身が薄い。
期待に応えていません。

小泉 進次郎氏のホームページの最新書き込み、最新情報


小泉 進次郎氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

アメリカの日本産食品に対する輸入規制の撤廃 2021-09-22 07:49:55

おはようございます。
小泉進次郎です。
ついに、アメリカの日本産食品に対する輸入規制が全廃されることになりました!さまざまな機会で輸入規制の撤廃を訴えてきたので本当に嬉しいです。
写真は福島市内でりんごや桃を作っている阿部さんの農園でのもの。
阿部さんとは震災の翌年2012年の2月に、自民党の青年局長とし続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

自民党総裁選、河野太郎さんの応援活動をしました。
 2021-09-19 20:00:10

こんばんは。
小泉進次郎です。
今日は自民党総裁選、河野太郎さんの応援活動をしました。
地方創生の座談会 まずは福島の復興に携わる若い世代の農業、鮮魚販売、建設業、飲食業を営む事業者の方たちと、河野さんとのオンラインでの意見交換会を開催。
議員会館の部屋から福島の方とオンライン討論会 復興やそれぞれの事業を進めるにあたって感じる課題や改革への要望、例えばテクノロジーの力で農業の人的負担を軽減できないか、農業や漁業に挑戦しやすい国にしたい、中小企業の事務負担を下げられないか、浪江(なみえ)を教育環境トップを目指したい等々を皆さんから投げかけてもらい、それに対し一つ一つ河野さんが回答しました。
続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

自民党の総裁選が正式に始まりました。
 2021-09-17 15:57:37

こんにちは。
小泉進次郎です。
今日から自民党の総裁選が正式に始まりました。
河野太郎さんを応援する議員で通称「必勝会」を立ち上げ、今日も共に応援する仲間が集ま続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

今回の自民党総裁選について 2021-09-14 15:49:56

こんばんは。
小泉進次郎です。
先ほど地元(横須賀市・三浦市)での自民党地方議員との会合に参加し、今回の総裁選で河野太郎さんを全会一致で支援することを決めました。
私が河野太郎さんを応援する理由は、私が注力する気候変動政策を河野さんがどの候補よりも重視していることはもちろん、以下の3つも理由として挙げられます。
1.コロナ対策コロナ対策に直接の責任者の一人だったことから、コロナ対策を任せられる唯一の候補であること。
国民から期待されている「説明力」も高く、国民の理解と共感を広げながらコロナ対策を国民とともに進めていける。
2.ウィズコロナ時代の改革に必要な突破力と実行力縦割りや規制の壁の数々を打破してきた河野さんであれば、コロナで浮き彫りになったデジタル化の遅れの改善をはじめ、医療改革、統治機構改革など、抜本的な改革を断行できる。
3. 自民党改革古き良き時代の自民党に戻すのではなく、コロナ後の新たな時代の自

昨日、対話フォーラム「福島、その先の環境へ。
」を開催しました。
 2021-09-12 11:09:36

こんにちは。
小泉進次郎です。
昨日、対話フォーラム「福島、その先の環境へ。
」を開催しました。
このフォーラムの目的は、原発事故で生じた福島県内の除去土壌等の県外最終処分という国と福島の30年間の約束について理解を広げること。
私はパネルディスカションに参加しました。
専門家の立場から長崎大学 高村昇教授、東京大学大学院 関谷直也准教授、Z世代代表で女優の岡田結実さん、前回も参加してくれた福島県出身で新潟大学の遠藤暸さん、京都府立大学院の浅野育美さんとの議論に加え、オンラインでリアルタイムで寄せられた質問にも答えながら理解頂けるよう努めました(17問の質問に答えました)。
今回Z世代から、続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

福島の環境再生事業に関する対話フォーラムを開催します。
 2021-09-09 22:00:47

おはようございます。
小泉進次郎です。
明日、9月11日(土)14:00から環境省が行っている福島の環境再生事業に関する対話フォーラムを開催します。
5月のフォーラム開催時 フォーラムは5月に開催したものの第二弾で、当初は大阪で開催を予定していましたが、緊急事態宣言中のため、オンラインでの開催になりました。
東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故の発生から10年が経ちましたが、まだ道半ばにある福島の復興・再生に向けた取組みのひとつ、福島県内除去土壌続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

菅総理 総裁選出馬辞退にあたって 2021-09-04 18:56:42

こんばんは。
小泉進次郎です。
昨日、菅総理が自民党総裁選に出馬しないことを表明しました。
昨夕官邸で記者の方に話したことがテレビや新聞により報道されていますが、自身のブログでも改めてお伝えしたいと思います。
「コロナ対策と総裁選は両立できない。
コロナ対策に専念したい。
」これは総理の本心だと思います。
私は連日総理と何度となくコミュニケーションを重ねました。
菅総理を取り巻く政治情勢が厳しさを増す中、総裁選で現職の総理・総裁がボロボロになる結果に終わってしまったら、総理が一年間で成し遂げた実績すら光が当たらなくなってしまう。
「批判も強かった菅総理の実績が正当に評価される環境を作りたい」という想いでした。
ボロボロになっても総裁選に突っ込むべきだという主戦論もありましたが、私は「続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

米国ジョン・ケリー気候変動担当大統領特使と「気候危機に取り組む日米リーダーシップ」対談のお知らせ 2021-08-30 22:18:30

こんばんは。
小泉進次郎です。
米国のジョン・ケリー気候変動担当大統領特使と「気候危機に取り組む日米リーダーシップ」をテーマにオンライン対談を行いました。
ケリー特使とは、1月の就任直後から緊密な連携を重ねてきましたが、最近では7月末にイタリアのナポリで開催されたG20エネルギー・気候変動大臣会合とその直後、ロンドンで開催されたCOP26に向けた閣僚級会議でも一緒でした。
気候変動のさまざまな課題を中心に、自国の取組みなどを比較的分かりやすくお伝えできるような議論が出来たと思います。
なによりも、日米間で気候変動について濃密な議論が出来る環境になったことが感慨深いで続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

生物多様性に関する新たな国家目標「30by30(サーティー・バイ・サーティー)」について 2021-08-29 20:49:11

こんばんは。
小泉進次郎です。
27日(金)の記者会見で、生物多様性に関する新たな国家目標「30by30(サーティー・バイ・サーティー)」のロードマップ検討開始について発表をしました。
27日の会見動画は環境省のTwitterより。
今回発表した基本コンセプト「30by30」は、2030年までに地球の陸と海の30%以上を自然環境エリアとして保全することを目標とするものです。
元々、2020年の秋に中国で開催が予定されていた国連生物多様性サミットCOP15で決定される予定の次の生物多様性の世界目標案として「30by30」が検討されています。
それに先駆け今年6月のG7サミットで、G7の7カ国「30by30」を進めることを合意しました。
陸と海のそれぞれで30%保護という高い目標ですが、既に日本では自然環境保護エリアが、陸で20.5% 、海では13.3%が認定されているため、陸で約10% 、海については約17%の追加認定が必要となる状況です。
今後環境省では、2022年中に30by30実現のロードマップを発表、2023年に

CLASSY. オンラインのインタビューを受けました。
 2021-08-20 20:05:06

こんばんは。
小泉進次郎です。
先日、CLASSY. オンラインのインタビューを受けました。
最近少しずつ「ファッションロス」をはじめファッション産業と環境問題に関する議論が起こっていますが、まだまだ多くの方がそれってどういう事?と思われる話だと思います。
一方で、服を着るということに無関係な人はいませんので、多くの方に知って欲しいことでもあります。
繊維業者、商社、ファッションブランドといったファッション業界の皆さんとの議論が発展し、8月3日にファッション業界のアライアンスの発足を環境省でも発表しました。
また今日は政府での議論を一段レベルを上げていこうと、消費者庁、経産省も参加し「関係続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。



テーマ別 政治家情報