政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・佐藤 正久氏のホームページの評価と最新情報


  目次
佐藤 正久氏のホームページの最新書き込み、最新情報
佐藤 正久氏のプロフィール
佐藤 正久氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


佐藤 正久氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職防衛大臣政務官,イラク先遣隊長 復興業務支援隊初代隊長,陸上自衛隊第7普通科連隊長(福知山),米国陸軍指揮幕僚大学(カンザス州),国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長
ホームページhttp://hige-sato.jp/



佐藤 正久氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 佐藤 正久氏のホームページは、ただいま調査中です。

佐藤 正久氏のホームページの最新書き込み、最新情報


佐藤 正久氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

国防議連でミサイル防衛の勉強会「総括」 2020-10-16 20:34:27

昨日、自民党本部で国防議連を開催し、ミサイル防衛の勉強会を行った。
今回は、総括として杉本正彦元海上幕僚長からヒアリングを行った。
まず、過去の勉強会での検討内容を踏まえ、新型イージス艦(SPY-6とベースライン10)とBMD専用艦(SPY-7とベースライン9)の比較から入った。
米国が今後50隻導入予定であることや、ポーランドとルーマニアのイージスアショアも同様のレーダーシステムに改修予定であることから、日米連携や技術実績の面から新型イージス艦(SPY-6とベースライン10)が良いとのことだ。
また、柔軟な運用に関しても、状況に応じて東シナ海や日本海に展開することができる。
更にベースライン10によって、新たな脅威へ対処できる拡張性も備えている。
一方、未だ開発されていないSPY-7を選択することには不安があり、ましてやBMD専用艦は対潜水艦、対水上艦、対経空脅威に対する防御、新型ミサイル対応ができないことに加え、柔軟な運用ができ

敵基地攻撃能力(ミサイル阻止能力)のアセットについて議論! 2020-10-13 23:51:58

本日、自民党本部で国防議連を開催し、ミサイル防衛「敵基地反撃能力(ミサイル阻止応力)のアセット」をテーマに勉強会を実施した。
まず、杉山元空幕長から、空の観点からヒアリングを行った。
敵基地攻撃は、「Kill Chain」と言われる様に、攻撃行動に関わる一連の活動を段階化して考え、①目標の捜索、発見、識別②目標情報の伝達③攻撃地点への遷移④攻撃・撃破この鎖の一つの輪全てが機能しなければ成果が得られない。
①について、例えば、北朝鮮の弾道ミサイルの移動式の発射装置は、捜索、発見、識別というのが困難であり、現状、偵察衛星や偵察機を用いる。
偵察衛星は、分解能に拠る部分が大きく、分解能が1mであれば「車がある」、50㎝~1mであれば「車種」、10㎝程度であれば「車の細部」までわかるという具合だ。
また、偵察機の場合は、グローバルホークによる合成開口レーダーや電子赤外線センサーを用いて、特に電子光学赤外線センサーによって広い範囲

【外交部会・外交調査会合同会議】 2020-10-13 22:39:22

本日、自民党本部で外交部会を開催し、北朝鮮の75周年記念式典で行われた金正恩による演説と閲兵式について、茂木外相のモンゴル訪問について、また、先週に引き続き、ベルリンでの慰安婦設置問題、尖閣諸島での中国公船の動きについて議論を行った。
はじめに、金正恩の党創建75周年式典は、演説に核兵器への言及や日米韓への非難コメントがなく好戦的な部分は控えめだったが、新型ミサイルやICBMやSLBM等の新兵器も登場し、潜在的脅威は高まったことを誇示する等油断できないものだった。
核ミサイル開発は国連決議違反であり、日本への脅威である事を忘れてはいけない。
拉致問題も解決していない。
国連制裁、コロナ、台風水害の三重苦にある北朝鮮の状況は、圧力を強化して北朝鮮を交渉のテービルに着かせるチャンスとも言える。
涙とか、ありがとう。
申し訳ない等の言葉に騙されてはいけない。
状況を冷静に見て対応すべきだ。
次に防衛省から閲兵式で現れた兵

【外交部会・外交調査会合同会議】 2020-10-13 22:39:22

本日、自民党本部で外交部会を開催し、北朝鮮の75周年記念式典で行われた金正恩による演説と閲兵式について、茂木外相のモンゴル訪問について、また、先週に引き続き、ベルリンでの慰安婦設置問題、尖閣諸島での中国公船の動きについて議論を行った。
はじめに、金正恩の党創建75周年式典は、演説に核兵器への言及や日米韓への非難コメントがなく好戦的な部分は控えめだったが、新型ミサイルやICBMやSLBM等の新兵器も登場し、潜在的脅威は高まったことを誇示する等油断できないものだった。
核ミサイル開発は国連決議違反であり、日本への脅威である事を忘れてはいけない。
拉致問題も解決していない。
国連制裁、コロナ、台風水害の三重苦にある北朝鮮の状況は、圧力を強化して北朝鮮を交渉のテービルに着かせるチャンスとも言える。
涙とか、ありがとう。
申し訳ない等の言葉に騙されてはいけない。
状況を冷静に見て対応すべきだ。
次に防衛省から閲兵式で現れた兵

【外交部会・外交調査会合同会議】 2020-10-13 22:39:22

本日、自民党本部で外交部会を開催し、北朝鮮の75周年記念式典で行われた金正恩による演説と閲兵式について、茂木外相のモンゴル訪問について、また、先週に引き続き、ベルリンでの慰安婦設置問題、尖閣諸島での中国公船の動きについて議論を行った。
はじめに、金正恩の党創建75周年式典は、演説に核兵器への言及や日米韓への非難コメントがなく好戦的な部分は控えめだったが、新型ミサイルやICBMやSLBM等の新兵器も登場し、潜在的脅威は高まったことを誇示する等油断できないものだった。
核ミサイル開発は国連決議違反であり、日本への脅威である事を忘れてはいけない。
拉致問題も解決していない。
国連制裁、コロナ、台風水害の三重苦にある北朝鮮の状況は、圧力を強化して北朝鮮を交渉のテービルに着かせるチャンスとも言える。
涙とか、ありがとう。
申し訳ない等の言葉に騙されてはいけない。
状況を冷静に見て対応すべきだ。
次に防衛省から閲兵式で現れた兵

【外交部会・外交調査会 日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会 合同委員会】 2020-10-09 17:51:09

はじめに、外務省から茂木外務大臣と米豪印の各外相との会談結果の報告を受けた。
続いて、ベルリンに設置された慰安婦像問題、中国による尖閣諸島に関するデジタル博物館開設問題の2点について議論が行われた。
ベルリンにおける慰安婦像の設置問題は、設置許可をしたミッテ区当局から、7日付けで、設置許可取消しと10月14日までに像を撤去するよう設置団体のコリア評議会に通知が発出された。
茂木外務大臣あるいは、八木大使以下、関係者の努力は評価したいと思うが、本来は設置する動きを察知して、設置されないような外交をしなければならない。
特に今回は一定の設置情報を得ていながら、かつコリア評議会の近くの公用地に設置されてしまったことは深刻だ。
外務省には猛省と共に情報収集態勢含め見直し、強化を外交部会から求めた。
また、韓国政府が補助金を出している「正義連」からも設置資金が出されている。
ある意味、日韓の慰安婦合意の違反と言え

【外交部会・外交調査会 日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会 合同委員会】 2020-10-09 17:51:09

はじめに、外務省から茂木外務大臣と米豪印の各外相との会談結果の報告を受けた。
続いて、ベルリンに設置された慰安婦像問題、中国による尖閣諸島に関するデジタル博物館開設問題の2点について議論が行われた。
ベルリンにおける慰安婦像の設置問題は、設置許可をしたミッテ区当局から、7日付けで、設置許可取消しと10月14日までに像を撤去するよう設置団体のコリア評議会に通知が発出された。
茂木外務大臣あるいは、八木大使以下、関係者の努力は評価したいと思うが、本来は設置する動きを察知して、設置されないような外交をしなければならない。
特に今回は一定の設置情報を得ていながら、かつコリア評議会の近くの公用地に設置されてしまったことは深刻だ。
外務省には猛省と共に情報収集態勢含め見直し、強化を外交部会から求めた。
また、韓国政府が補助金を出している「正義連」からも設置資金が出されている。
ある意味、日韓の慰安婦合意の違反と言え

国防議連でアショアの代替え案について議論!【BMD専用艦と新型イージス艦の比較】 2020-10-08 22:48:42

本日、自民党本部で国防議連を開催し、「弾道ミサイル防衛専用護衛艦と新型イージス艦との比較」をテーマにミサイル防衛の勉強会を実施した。
会の冒頭、防衛省から、洋上案の検討状況について2つ報告があった。
1つ目は、岸防衛相が、エスパー国務長官と会談し、引続き緊密に連携して検討を進めていくことを確認したこと。
2つ目は、民間事業者から専門的な技術的支援を受けるために、イージスアショアの代替案の調査研究を開始する件に関して。
イージスアショアの構成品を移動式の洋上プラットフォームに搭載する場合、以下の3つについて確認する。
①搭載に技術的問題が生じるか。
②耐衝撃性能、動揺対策、塩害対策などの改修内容の確認。
③電力、冷却システムを含む搭載システムを船の中に収容できるのかの確認。
更に、BMD以外の自己防護兵装の付加やコストの算出について技術的支援を受ける予定である。
来年の4月末までに報告をまとめるとのことだ。
(年

【菅総理の対面外交開始とクアッド(日米豪印外相会談)】 2020-10-07 22:52:02

この度、菅総理の対面外交のスタートは、ポンペオ国務長官となった。
最初の電話会談がトランプ大統領であったことも踏まえると、やはり日米同盟を主軸とする日本としては、組み合わせが適切であったと言える。
また、菅総理大臣は、日米豪印の外務大臣から表敬を受けた。
写真から分かるように、日本が「自由で開かれたインド太平洋」のビジョンを引張っていくという意志が象徴されている。
日米豪印の外務大臣の会合は、6回の局長級会合を経て、去年から外相会合となり、2回目の会合を日本が主催した。
トランプ大統領が新型コロナウィルスに感染した状況にも関わらず、国務長官が、韓国とモンゴルをキャンセルしてまでも、この会議のためだけに来日した。
米国が、極めてこの4カ国の関係を重視していることがわかる続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

「イージスアショアの代替え:洋上案」について議論! 2020-09-29 22:03:38

本日、自民党本部で国防議連を開催し、ミサイル防衛の「イージスアショアの代替え:洋上案」について勉強会を行った。
今回、事務局は、岸防衛大臣による「イージス艦も検討対象に入れる」との発言を踏まえ、洋上案を以下の様に分類し、それぞれの利点欠点を整理した イージスアショアの断念理由であるブースター問題に鑑みて、技術的信頼性を慎重に確認しなければならない。
現状、米海軍が採用したSPY-6が一番良いのではないだろうか。
また、高速滑空弾等への対応や米軍との相互運用性も重要な要素である。
BMD専用艦の欠点は、防護能力が弱いこと。
また、南西正面、中国対応への運用性、将来の拡張性が乏しい点である。
ブースターの「2段目と3段目」の落下可能性も要確認である。
SM3ブロックⅡAは3段式のブースターであるが、今回問題になっているのは1段目だ。
例として、沿岸近くに洋上プラットフォームを置き、東京にミサイルが飛んできた場合、1段目は洋上プラ



テーマ別 政治家情報