政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・菅義偉氏のホームページの評価と最新情報


  目次
菅義偉氏のホームページの最新書き込み、最新情報
菅義偉氏のプロフィール
菅義偉氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


菅義偉氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区神奈川2区
議員以前の職
ホームページhttp://www.sugayoshihide.gr.jp/



菅義偉氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 菅義偉氏のホームページは、ただいま調査中です。

菅義偉氏のホームページの最新書き込み、最新情報


菅義偉氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

全世代型社会保障:子どもからお年寄りまでみんなが安心できる仕組みを構築する 2020-01-18 18:13:00

昨年末、全世代型社会保障検討会議で中間報告をまとめました。
全世代型社会保障への改革は、今年の安倍内閣の最大のチャレンジです。
今の社会保障制度の根幹である「国民皆保険・皆年金」が実現してから60年近くが経ちますが、その間に平均寿命は約15歳も伸びました。
「人生100年時代」を迎えて、子どもからお年寄りまで、男性も女性も、みんなが安心できる全世代型の社会保障を構築していく必要があります。
まず取り組むのは子どもや若者への投資です。
現在は、社会保障の中でも高齢者関係の給付が全体の7割を占めていますが、消費税率引上げによる税収約2兆円を用いて、昨年10月の幼児教育の無償化に続き、今年4月からは所得が低い方への大学・専門学校の無償化を行います。
そして、人生100年時代を見据え、意欲さえあれば70歳まで働くことができる生涯現役の雇用制度を実現していくための法案を明後日から始まる通常国会に提出します。

2020年訪日観光客4000万人へ:観光で日本経済を底上げし、地方創生に貢献 2020-01-11 18:39:00

今週、昨年の訪日外国人旅行者数が発表されました。
外国人旅行者は3188万人と7年連続で過去最高を更新しました。
安倍政権発足直後から、戦略的なビザ緩和、消費税免税制度の拡充、入国管理の迅速化、迎賓館をはじめとする公的施設の開放など、「観光立国」を掲げて総合的に政策を講じてきました。
政権発足前に年間836万人だった旅行者数は急速に増えて約4倍に伸び、経済の成長に大きく貢献しています。
その恩恵は都市部だけでなく地方にも広く及び、26年間下がり続けた地方の地価は昨年27年ぶりに上昇に転じました。
今年は「2020年4000万人」の目標の年です。
オリンピック、パラリンピックを機に、来日した外国人の方々に地方にも訪れてもらって日本の魅力を理解してもらうためにも、日本の美術品や演劇を特別公開する「日本博」を、全国340か所で開催します。
3月末には羽田・成田の年間の発着枠続きをみる『著作権保護のため、記事

〜すが義偉・テレビ出演のお知らせ〜 2020-01-04 13:41:00

新年あけましておめでとうございます。
スタッフからのお知らせです。
すが義偉が下記のテレビ番組に生出演いたします。
日 時:1月6日(月) 午後8:00〜9:55番 組:続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

謹賀新年:政治主導と改革意欲をもって、経済や外交に着実に成果を残す一年へ 2020-01-01 12:55:00

令和となって初めての新年を迎えました。
「東京オリンピック・パラリンピック開催」  今年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催、それぞれ7月24日、8月25日に開幕です。
 6年前の誘致成功以来、万全の準備を進めてきました。
昨年のラグビーW杯は日本代表チームの活躍もあり、大成功を収めましたが、それ以上の盛り上がりで、未来を担う子どもたちに感動や夢を与える大会、世界からも賞賛される大会になるよう、皆様とともに作り上げたいと思います。
「訪日観光客4千万人へ」  安倍政権発足以来、訪日観光客は約4倍に増え、都市部だけでなく地方でも地価が上昇し、雇用が改善するなど、観光産業は日本経済を底上げし、地方創生に大きく貢献しています。
 東京オリンピック・パラリンピックに向けて多くの外国人が日本を訪れる今年、政府で掲げる訪日観光客4千万人を実現させ、2030年6千万人の高みに向け、引き続き観光立国を推

令和2年度予算案:経済再生と財政健全化を両立する 2019-12-28 16:51:00

先週、令和2年度の政府予算案を閣議決定しました。
新規国債発行額を安倍内閣発足以来、8年連続で減額するとともに、消費税増収分を活用した社会保障の充実、経済対策の着実な実行、歳出改革の取組の継続により、経済再生と財政健全化を両立する予算とすることができました。
全世代型社会保障制度の構築をさらに進めます。
今年の10月から消費税増収分を活用して、3歳から5歳までの全ての子供たちの幼稚園・保育所の無償化、低年金の方の支援金給付や低所得者の介護保険料の負担軽減が始まりました。
これに加えて令和2年4月からは、所得の低い家庭の意欲ある子どもたちの大学等の授業料等の減免や給付型奨学金の大幅な拡充といった高等教育の無償化、糖尿病の重症化の予防といった予防・健康づくりの取組など医療・介護分野の充実を実施します。
先頃決定した「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を着実にすすめます。
財政支出13兆円、事業規模26兆

沖縄訪問:基地負担軽減と振興に全力を尽くす 2019-12-22 19:19:00

昨日、沖縄を訪問し、首里城の火災による被害状況を視察しました。
首里城は沖縄の皆さんの誇りとも言える、極めて重要な建造物であり、その多くの施設が焼失した様子を目の当たりにし、改めて復元に向けて全力を尽くさなければならないと感じました。
政府では、私、官房長官を議長とする「首里城復元のための関係閣僚会議」を立ち上げ、先週「首里城復元に向けた基本的な方針」を決定しました。
この方針のもと関係省庁における検討を進め、27日に第1回会議が開催される首里城復元に向けた技術検討委員会における議論も踏まえて、本年度内を目途に、首里城正殿等の復元に向けた工程表の策定を目指します。
観光客の減少に苦しむ地域の方からお話を伺いました。
影響を最小限にするため、昨晩からライトアップを再開、城壁を活用した「プロジェ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

税制改正大綱:未来を見据えて、経済成長と財政健全化を実現させる 2019-12-14 17:59:00

今週、来年度の税制改正に向けた政府・与党の議論が決着し、「税制改正大綱」が取りまとめられました。
まず「人生100年時代」に、みなさんの家計で安定的な資産形成ができるようにいわゆる「NISA」(ニーサ、少額投資非課税制度)を拡充します。
NISAは、株式や投資信託の投資について、通常は20%かかる売却益と配当への課税を非課税とする制度で、安倍政権のもと、2014年からスタートしました。
今回は制度全体の期限を5年間延長した上で、毎月一定額を積み立てる積立型の枠を増やしました。
また、高齢者の方々の就労拡大にあわせて、私的年金の選択肢を拡大するため、確定拠出型年金に加入できる年齢を企業型は現行の65歳未満から70歳未満へ、個人型(イデコ)は現行の60歳未満から65歳未満に引き上げます。
戦後ずっと、ひとり親家庭の控除(「寡婦(夫)控除」)については、離婚、死別によるひとり親家庭を対象にしてきましたが

安心と成長の未来を拓く総合経済対策を閣議決定 2019-12-07 17:59:00

一昨日「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を閣議決定しました。
第一の柱は、災害からの復旧・復興と安全・安心の確保です。
9月の台風15号、10月の19号の甚大な被害に対し、先日定めた「被災者の生活と生業の再建に向けた対策パッケージ」を着実に実行し、切れ目なく復旧・復興を加速していきます。
さらに今回の災害の経験を踏まえ、防災・減災、国土強靭化の取組をさらに進め、国民の命や生活の安全の確保に全力を尽くします。
第二の柱は、海外発の経済の下方リスクへの対策です。
米中貿易摩擦、英国のEU離脱、中東地域や香港を巡る情勢など、海外発のリスクが顕在化しています。
これまで景気回復を支えてきた内需に悪影響が出ないよう、万全の対策を講じます。
生産性向上や海外展開など未来に向かってチャレンジする中小企業への支援、農林水産業の輸出拡大、地方で活躍する人材の強化、就職続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示

既存ダムの活用:国内全体の治水機能の強化で水害対策 2019-11-30 17:04:00

今週、「既存ダムの洪水調節機能強化に向けた検討会議」を発足させました。
10月の台風第19号をはじめとした一連の記録的な豪雨は、東北、関東甲信越を中心とした広範な地域において大きな被害をもたらしました。
「地下神殿」と呼ばれる首都圏外郭放水路や日産スタジアムのある鶴見川多目的遊水地など、今まで積み重ねてきた治水対策が効果をあげた一方で、中上流域を中心に71河川の140カ所で堤防が決壊して洪水が発生した地域の被害は甚大なものとなりました。
近年、災害につながる広範囲な大雨や局地的豪雨は増加傾向にありますが、堤防のかさ上げやダムの新設には多大な費用と時間がかかります。
そこで今回、既存のダムの運用を変えることで洪水被害の軽減を図るための検討を始めることとしました。
我続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

憲政史上歴代最長内閣:これからも謙虚に国民の声に耳を傾けながら、全力で結果を出す 2019-11-23 17:04:00

今週、安倍総理の通算在任日数が戦前の桂太郎総理を抜いて、憲政史上歴代最長となりました。
第一次内閣では総務大臣として、第二次内閣以降は内閣官房長官として安倍総理を支えてこの国を前に進めてきました。
安倍総理のリーダーシップのもと、経済の再生、外交・安全保障の再構築、そして新たなテーマとしての全世代型社会保障の実現に向けて、ひとつひとつの課題に取り組んできた結果、あっという間の7年でした。
安倍政権は、やるべきことを明確に掲げて、政治主導で政策に取り組んできました。
中でも「経済最優先」で取り組んできて、政権発足前に行き過ぎた円高と長引くデフレで日本経済は苦境に喘いだ経済状況を抜本的に改善することができました。
日本の経済規模(名目GDP)は1割以上拡大し過去最高水準となりました。
最も大切な雇用環境は劇的に改善し、有効求人倍率は史上初め続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。



テーマ別 政治家情報