政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・菅 義偉氏のホームページの評価と最新情報


  目次
菅 義偉氏のホームページの最新書き込み、最新情報
菅 義偉氏のプロフィール
菅 義偉氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


菅 義偉氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区神奈川
議員以前の職
ホームページhttp://www.sugayoshihide.gr.jp/



菅 義偉氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 菅 義偉氏のホームページは、ただいま調査中です。

菅 義偉氏のホームページの最新書き込み、最新情報


菅 義偉氏のツイート
【菅官房長官・記者会見】本日(7月3日)午後の動画を掲載しました。  2020/07/04 13:44:07
【菅官房長官・記者会見】本日(7月3日)午前の動画を掲載しました。 [冒頭発言]閣議の概要について 2020/07/04 13:43:59
【菅官房長官・記者会見】本日(7月2日)午後の動画を掲載しました。 [冒頭発言]今後の閣議の開催方法について 2020/07/02 17:43:37
【菅官房長官・記者会見】本日(7月2日)午前の動画を掲載しました。 2020/07/02 17:43:31
【菅官房長官・記者会見】本日(7月1日)午後の動画を掲載しました。  2020/07/01 17:57:41
【菅官房長官・記者会見】本日(7月1日)午前の動画を掲載しました。 [冒頭発言]内閣官房長官記者会見での官房長官のマスクの着用について  2020/07/01 17:57:36
【菅官房長官・記者会見】本日(6月30日)午後の動画を掲載しました。 [冒頭発言]マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤抜本改善ワーキンググループについて 2020/07/01 17:57:34
【菅官房長官・記者会見】本日(6月30日)午前の動画を掲載しました。 [冒頭発言]持ち回り閣議の概要について 2020/06/30 17:59:03
【菅官房長官・記者会見】本日(6月29日)午後の動画を掲載しました。  2020/06/30 17:58:58
【菅官房長官・記者会見】本日(6月29日)午前の動画を掲載しました。  2020/06/30 17:58:56

当人のホームページの更新内容 

マイナンバーの活用:ポストコロナの社会、便利で安心できる国民生活を実現させる 2020-06-27 19:22:00

今週、「マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤抜本改善ワーキング・グループ」が発足しました。
今回のコロナ対策の一律10万円給付をめぐっては、「もっとマイナンバーを活用して、必要な人に給付が迅速に届けるべき」という意見が与党やメディアの方々から多く寄せられました。
マイナンバー制度は2015年から始まりましたが、オンラインでサービスを受ける際に必要な「マイナンバーカード」の交付率は、一年前には1割強にとどまっていました。
そこで私の指示のもと、昨年春からマイナンバーカードの活用策と普及策を関係省庁で検討し、「2022年度中にほとんどの住民に交付」することを想定して具体策を取りまとめました。
ショッピングセンター、病院、免許センターなどで出張受付をするなど申請しやすくした上で、本年9月からマイナンバーカード保有者に5千円分の買い物で使える「マイナポイント」を付与し、また、来年3月から健康保険証

通常国会閉会:55本の法案が成立、感染症対策に万全を期して、経済社会活動も再開 2020-06-20 17:06:00

今週、150日間にわたった通常国会が閉会しました。
新型コロナウィルスへの対策が非常に重要な位置づけとなった国会となりました。
通常の本予算、昨年度の補正予算に加えて、大規模な今年度補正予算を2度にわたり成立させました。
新型コロナウィルスのために経済活動を一時的にストップさせざるを得なかったため、経済は大変厳しい状況となり、事業の継続と雇用の維持のために、あらゆる対策を盛りこみました。
一律の10万円給付、法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円の持続化給付金、さらに賃料について、最大600万円の補助人件費について、休業手当に対する雇用調整助成金の上限を1日1万5千円(月額で33万円)に引上げ公庫などで資金繰りを徹底支援し、公庫から最大4千万円、無利子・無担保、最長5年間元本据え置きの融資など、総額230兆円を超える幅広いメニューが揃いました。
こうした新型コロナウィルス対策を中心とした

台風シーズンを前にした洪水対策 2020-06-19 14:04:00

スタッフです。
台風シーズンを前に、洪水対策の記事をシェアします。
ぜひ、ご覧ください。
FNNプライムオンライン 2020/6/19 11:30配信造らずともダムの続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

北朝鮮による拉致問題:全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現へ全力で行動 2020-06-13 17:48:00

昨日、衆議院の北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会で、担当大臣として所信を述べました。
北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、国の責任において、主体的に取り組み、解決を目指すべき課題です。
日本政府は、全ての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を続けております。
しかしながら、北朝鮮に残されている拉致被害者の方の帰国が実現しないまま、長い年月が経ち、拉致被害者の方々、そして御家族の皆様も、御高齢となられ、肉親との再会が叶わぬまま亡くなられた御家族もいらっしゃいます。
本年二月には有本嘉代子さんが、そして先週、横田滋さんがお亡くなりになられました。
心よりお悔やみを申し上げ、御冥福をお祈りいたします。
お二人の御存命中に、御令嬢の恵子さん、めぐみさんを帰国させることができなかったことは、痛恨の極みであり、誠に申し訳なく思

洪水対策:縦割り行政を排し、新たに八ツ場ダム50個分の洪水調整機能を確保 2020-06-06 17:09:00

今週「既存ダムの洪水調節機能強化に向けた検討会議」を開催し、梅雨や台風などの大雨に備えた洪水対策を取りまとめました。
10月の台風第19号をはじめとした一連の記録的な豪雨は、東北、関東甲信越を中心とした広範な地域において大きな被害をもたらしました。
中上流域を中心に71河川の142カ所で堤防が決壊して、洪水が発生した地域の被害は甚大なものとなりました。
これを機に、昨年11月に私の指示で、水害対策としてもっと今あるダムを活用するための各省検討会議を官邸に作りました。
全国には1470のダムがありますが、このうち水害対策を担当する国交省が所管するダムは570で、そのほか経産省が所管する電力用のダムや農水省が所管する農業用水用のダムなど全国に約900ある「利水ダム」は、各省の縦割りの弊害で、水害対策にはほとんど使われていませんでした。
結果として、全国のダムの合計容量のうち、洪水時にダムに水を貯めて水

新型コロナウイルス感染症対策(2020年5月30日) 2020-05-30 18:02:00

今週、新型コロナウイルスについて、特別措置法に基づく緊急事態の解除を宣言し、また、第二次補正予算案を決定しました。
4月7日に緊急事態宣言を発出してから7週間が経過しましたが、感染の状況、医療提供体制、監視体制の3つの解除基準に照らし、残っていた5つの特定警戒都道府県について専門家の評価を得て、5月25日に緊急事態措置を解除しました。
宣言を出した4月上旬には700人を超えていた1日の新規感染者数は直近では数十名まで下がり、ピーク時には1万人近くいた入院患者も2千人を切りました。
この間、外出自粛や3密回避を始め、多大な御協力・御辛抱を頂いた全ての国民の皆様に心から感謝を申し上げます。
そして、感染リスクと背中合わせの過酷な環境の下、強い使命感をもって全力を尽くして下さった医療従事者の皆様に改めて敬意を表したいと思います。
緊急事態の解除後においても、感染拡大のリスクをゼロにすることはできません。

新型コロナウイルス感染症対策(2020年5月23日) 2020-05-23 19:16:00

今週、大阪府、京都府及び兵庫県について緊急事態宣言が解除されました。
39県の緊急事態宣言を解除した先週以降も、我が国の新規感染者数は減少を続けており、入院者数の減少も相まって、医療のひっ迫状況についても改善傾向が見られています。
緊急事態にあって、最前線で全力を尽くして下さっている医療従事者の皆様に改めて敬意を表するとともに、外出自粛や3密回避に向けた取組に御協力を頂いている、全ての国民の皆様に心から感謝申し上げます。
5月21日に、残る8つの特定警戒都道府県について、感染の状況、医療提供体制、監視体制の3点に特に着目して、改めて直近の地域ごとの状況を専門家の皆様に評価していただき、総合的な判断として京都府、大阪府及び兵庫県について、緊急事態宣言を解除しました。
なお、残る関東の1都3県、北海道についても、新規の感染者数は確実に減少しており、医療の逼迫状況も改善傾向にあるため、週明け早々の明後

新型コロナウイルス感染症対策(2020年5月16日) 2020-05-16 16:39:00

今週木曜日に39県の緊急事態宣言を解除しました。
4月に緊急事態を宣言して以来、国民の皆様に、帰省や外出の自粛のほか、「三つの密」回避に向けた取組にご協力をいただいたことにより、新規感染者数は減少に転じ、我が国は事態の収束に向け、着実に前進してきています。
専門家のご意見を伺い、感染の状況、医療提供体制、監視体制の3つについて、具体的な数値なども含め、緊急事態の解除の基準を策定いただき、この基準に照らして39県について緊急事態宣言を解除しました。
残りの北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府及び兵庫県の8都道府県では、感染者数の大きな減少に加え、重症者もピーク時の6割ぐらいまで減少していますが、まだリスクが残っています。
今しばらくは気を緩めることなく、外出自粛などにご協力をお願い致します。
1週間後の21日を目処に専門家の皆様に改めて状況を評価いただき、可能であれば期間満了を待

新型コロナウイルス感染症対策(2020年5月9日) 2020-05-09 16:37:00

今週、新型コロナウイルスに関する緊急事態措置の実施期間を5月31日まで延長しました。
4月7日に緊急事態宣言を発出してから1か月、国民の皆様には、人と人との接触機会を8割削減するとの目標の実現に向け、大変な御協力をいただいたことに改めて感謝申し上げます。
その結果、一時は1日当たり700名近くまで増加した全国の感染者数は、直近では100名程度にまで減少しました。
ただ、専門家の皆様からは、・我が国は諸外国のような爆発的な感染拡大には至っておらず、一定の成果が現れ始めているものの、現時点では、未だかなりの数の新規感染者数を認め、感染者の減少も十分なレベルとは言えない・引き続き医療提供体制がひっ迫している地域も見られることから、当面、現在の取組を継続する必要があるという見解が示されました。
このような御意見を踏まえ、緊急事態措置の実施期間を5月31日まで延長することとしました。
ただし、5月14日を目

新型コロナウイルス感染症対策(2020年5月2日) 2020-05-02 18:38:00

こんばんは。
今週、事業規模117兆円という過去最大の補正予算が成立しました。
5月1日から中小企業、小規模事業者の皆様に最大200万円の現金をお届けする持続化給付金の受付がスタートしています。
最も早い方で5月8日から、使い道に制限のない、現金をお届けします。
また、実質無利子・無担保、元本返済最大5年間据え置きの融資をお近くの地方銀行や、信金、信組で受けられるようになります。
また、税金や社会保険料の納付が猶予されます。
本当に今、この厳しい状況の中で、歯を食いしばって頑張っておられる皆様へ、こうした支援を一日も早くお届けをし、事業や雇用を必ずや守り抜いていきたいと考えています。
また全ての国民の皆様と一体となってこの困難を乗り越えていくため、一人一律10万円が給付されます。
様々な工夫で、既に給付を始めた自治体もあります。
1日でも早くお届けするために、自治体の皆様の御協力をいただきながら全力で取り



テーマ別 政治家情報