政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・宮﨑 政久氏のホームページの評価と最新情報


  目次
宮﨑 政久氏のホームページの最新書き込み、最新情報
宮﨑 政久氏のプロフィール
宮﨑 政久氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


宮﨑 政久氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職
ホームページhttp://www.miyazakirin.com/



宮﨑 政久氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 宮﨑 政久氏のホームページは、ただいま調査中です。

宮﨑 政久氏のホームページの最新書き込み、最新情報


宮﨑 政久氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

琉球新報社に対する抗議文について 2020-01-09 11:07:34+00:00

 貴紙は、令和2年1月9日付けの紙面において、「14年に紺野容疑者代理人 宮崎議員、発言食い違い」との題した記事を掲載し、私と紺野昌彦氏との関係に関する説明があたかも「虚偽」であるかのように結論付けており、ここに厳重に抗...

女性セブンの記事について厳重に抗議しました。
 2019-12-06 09:46:14+00:00

女性セブンという雑誌に掲載された記事について、同誌に厳重抗議したことをご報告します。
 令和元年12月5日に発売された女性セブン「今井絵理子内閣府政務官『沖縄半グレグループ』疑惑男性とガッツポーズ写真」と題した記事中に、...

法務委員長解任決議案、宮崎政久による民進党・階議員に対するブーメラン返しが命 中!!! 2017-05-16 07:21:00+00:00

平成29年5月9日、民進党から提出された鈴木淳司法務委員長解任決議案に対し、 自由民主党を代表して、断固反対の立場から反対の討論を行いました。
民進党による理不尽な要求には到底応じることはできません。

平成29年4月28日 法務委員会 2017-04-24 07:43:35+00:00

二度目となるテロ等準備罪についての質疑。
冒頭に今村前復興担当大臣の失言について与党の一人として改めて謝罪。
質疑内容は一般の人がテロ等準備罪の捜査対象になるかどうか、組織的犯罪集団とはどういう定義なのかを法務省に質問しまし...

平成29年4月19日 法務委員会 テロ等準備罪 宮崎政久質疑 2017-04-19 07:42:05+00:00

本日審議入りしたテロ等準備罪に対する質疑の様子です。
国際組織犯罪防止条約を締結することの必要性、未締結ゆえの我が国が置かれている現状、過去の共謀罪とテロ等準備罪の相違等々を質問しました。

平成29年4月19日 法務委員会(安倍総理出席) 宮崎政久質疑 2017-04-19 07:41:06+00:00

4月19日、テロ等準備罪が法務委員会にて審議入り。
審議入りにあたり、安倍総理も出席のもと、質疑を行った。

平成29年3月16日 憲法審査会 宮崎政久 2017-03-16 07:39:53+00:00

日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件 (参政権の保障をめぐる諸問題 「①一票の格差、投票率の低下その他選挙制度のあり方」及び「②緊急事態における国会議員の任期の特例、解散権のあり方等」)

2017年3月7日 法務委員会 宮﨑政久 2017-03-07 07:38:32+00:00

法務大臣所信に対する質疑 政府の用意するテロ等準備罪について質疑

平成29年2月22日 予算委員会第一分科会(宮﨑政久) 2017-02-22 07:37:26+00:00

那覇軍港の移設について 75W区域における住宅防音(建具復旧)工事について 嘉手納基地コンター見直しについて 認可外保育施設について

司法の判断は重い 2016-09-18 15:25:03

高裁判決が出ました。
今申し上げたいことは「司法の判断は重い」ということです。
これは判決宣告の際に裁判長が述べていたことですが、先の行政代執行訴訟で和解をする際、県側は他に取り得る手段として今回の違法確認訴訟があり、違法確認訴訟で県が敗訴した場合には県はそれに従うので最終の手段である代執行は出来ないと主張し、それが前提となって先の訴訟での和解が成立したという経緯があります。
ということで、今回の違法確認訴訟が確定すれば、沖縄県は判決に従うことになる、もちろん国が敗訴した場合には国も判決に従う、つまり、今回の訴訟は辺野古移設を巡る司法での最終決着をつける意味を持つ、つまりファイナルアンサーになる司法判断となるのです。
翁長知事が判決前日にあえて「勝訴判決を期待している」旨コメントを発したのも、この裁判の持つ重みを認識しているからでしょう。
我が国は法治国家であり、憲法のもとで三権分立を定めている。



テーマ別 政治家情報