政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・渡邉 美樹氏のホームページの評価と最新情報


  目次
渡邉 美樹氏のホームページの最新書き込み、最新情報
渡邉 美樹氏のプロフィール
渡邉 美樹氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


渡邉 美樹氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職ワタミ株式会社取締役会長,学校法人郁文館夢学園理事長
ホームページhttps://twitter.com/watanabe_miki



渡邉 美樹氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 渡邉 美樹氏のホームページは、ただいま調査中です。

渡邉 美樹氏のホームページの最新書き込み、最新情報


渡邉 美樹氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

菅政権の「規制改革」は全体最適 ワタミ「DX銘柄」認定の舞台裏 2020-10-23 12:05:00

菅義偉政権発足から約1カ月。
「脱はんこ」や「携帯電話の値下げ」等、分かりやすいところから攻めており、とても良い滑り出しに感じる。
国民全体にプラスになる「全体最適」の視点で、ゼロベースで改革を進めてほしい。

「脱はんこ」だが、社内の申請手続や、稟議(りんぎ)などでは不要で、ワタミでもデジタル押印を導入している。
一方、押印には実務以上に「気合」の側面も大きい。
銀行の融資や契約、結婚など儀式的、象徴的な面では残せばいい。

ほかに、オンライン診療の恒久化もいい流れだ。
長年、医師会が反対していたが、国民全体にとっては絶対プラスだ。

もう一つ、ぜひ取り組んでほしいと思うのが農業改革だ。
政府の規制改革推進会議で、農業分野で企業の農地取得に関する要件が問題視されたという。
現在は農業関係者以外の議決権が2分の1未満と決められており、実質的に企業は農地取得ができず、借りるしかない。
背景には当然、農協の業界「

米大統領選どちらでも「円安」 ワタミも和牛焼き肉で米国を目指す 2020-10-16 12:05:00

ドナルド・トランプ大統領のコロナ感染で一層注目が集まる、11月の米大統領選。
両候補の経済政策を見ると、共和党のトランプ氏はさらなる減税、民主党のジョー・バイデン氏は増税と社会保障の充実を主張している。

FRB(米連邦準備制度理事会)のゼロ金利政策にトランプ氏が圧力をかけているとの話も聞くが、大きな変化はないだろう。
バイデン氏が当選すれば、増税を見込み一時、株価は下がるが、FRBの独立性と経済のファンダメンタルの強さから、やがて元に戻り、景気も遠くないうちに復活すると見る。

増税して、財政規律を守りながら国家運営を目指すバイデン氏と、ポピュリズムで減税や、バラマキをするトランプ氏。
私の政治経験からも、バイデン氏の方が筋が通っている。
増税を訴えて選挙に勝つのは民度が高くないと難しい。

私は、民主党のバラク・オバマ政権時代の政策を評価してきたが、バイデン氏はオバマケア(医療保険制度改革法)の本

居酒屋の和民から「焼肉の和民」へ ロボット初導入「非接触率8割減」を実現 2020-10-09 12:05:00

昨日「居酒屋の和民」を全店「焼肉の和民」にする、とても大きな新事業発表会を行った。
「和民」以外にも、自社の全居酒屋の3割にあたる120~150店舗を「焼肉の和民」に業態転換する。

居酒屋の市場はコロナ後、7割に縮小すると見込む。
経営判断としては3割を閉めるか、業態転換するか二択しかない。
ただ、3割を閉めても従業員の雇用を守らなければならず、新事業の立ち上げを決めた。
同時に将来性のある業態で、企業全体の成長エネルギーにしていきたい。
横浜銀行から受ける「資本性ローン」も有効活用していく。

緊急事態宣言後の6月を見ても、居酒屋の戻りは41%に対して、焼肉は88%の客足が回復している。
焼肉は「食べに行く」目的業態で、ファミリー層や土日にも強い。

昨日、東京都大田区と横浜市にオープンした「焼肉の和民」は、特急レーンで商品を運び、下げ物はロボットが行う。
店員との非接触率は居酒屋に比べ最大8割減となる

ワタミ資本性ローンで反転攻勢!!横浜銀行「コロナ後」初、30億円調達 2020-10-02 12:05:00

ワタミは、横浜銀行がコロナ後はじめて実施する、資本性ローンの第1号に選ばれた。
外食業界初、上場企業としても初となる。
30億円を調達し、コロナからの反転攻勢の態勢が整った。

資本性ローンは融資でありながらも、金融審査上、自己資本としてみなされるため、自己資本比率が上がる。
傷んだバランスシートを救済する有効な手段だ。
増資という選択肢もあったが、大戸屋などの件をみても、安定株主というのは重要であり、「理念経営上」増資には慎重になる。

安定株主比率を守りつつ、攻めに出る唯一の方法がこの資本性ローンだ。
横浜銀行の頭取が、この資本性ローンを強化するというコメントを日本経済新聞でみて、いの一番に手を挙げさせていただいた。

横浜銀行によると、ワタミが外食だけでなく、宅食など事業を展開するポートフォリオや、宅食の休校支援や、外食社員の外部出向など、状況が変化する中での意思決定のスピードをみて、不確実性が高

999万円起業モデルを発表!! 「から揚げの天才」1000店舗計画 2020-09-18 12:05:00

ワタミが展開する「から揚げの天才」で「999万円出店モデル」を発表した。
駐車場3台のスペースがあればオープンできるコンテナ型だ。
これによりFC(フランチャイズオーナー)は、従来の半額以下で出店が可能となる。

コロナ禍に、テークアウト業態をやりたいというニーズは急速に高まっている。
さらに、緊急の制度融資を受けたものの、その未来型の使い道を探す、中小零細企業の経営者も多い。
もともとは、「人生100年時代」のセカンドキャリアを考えて開発したビジネスモデルであり、退職金で未経験者でも起業できるモデルを意識した。

飲食店は5年で9割が廃業する世界の中、「から揚げの天才」は、2年で50店舗、今期中には100店舗の出店が確定しており快進撃を続ける。
もちろん、私自身が直営店でPDCAを繰り返し、強いモデルを確立した。
ワタミには、から揚げの圧倒的なノウハウがあり、仕入れ力も、商品力も35年培ってきた。


「菅首相誕生」を期待! 派閥の「しがらみ」に負けない改革を願う 2020-09-11 12:05:00

私は、菅官房長官の後押しで参院議員となった。
議員時代、数々、規制緩和で既得権と戦う発言をしてきたが、その最大の理解者であり感謝している。
今回、自民党総裁の決め方について異論が出ているが、冷静に顔ぶれを見ても次の総理は菅さんしかいない。
石破さんについて「懐が狭い」、岸田さんについて「線が細い」という人物評を度々、聞いてきた。

菅さんは、3候補で唯一、世襲議員でない。
秋田から上京し、段ボール工場で働きその後、法政大学に進学。
たたき上げでこれまでの人生を歩んできた。
私も含め、多くの国民はたたき上げだ。
そうしたハングリー精神の持ち主が、国難の今、リーダーをすべきだ。

菅さんは、小さなことでも、約束したことは必ず守る。
メールのやりとりなども驚くほどマメだ。
さらに「自分を自分以上に大きくみせようとしない人」だ。
こうした誠実さは、外交において、世界各国の首脳に、必ず信頼される。

菅さんが主導した、ふる

「コロナの明日へ」を緊急出版 逆境の経営者に50のエール 2020-09-04 12:47:36

安倍晋三首相の辞任で、この国はより混迷を増す。
経営者は、ひとりひとりの力が試される。

今週金曜日(4日)に『コロナの明日へ〜逆境の経営論全国の社長に50のエール〜』を緊急出版する。
コロナでとくに打撃を受ける外食産業のトップとして3月以降、多くの取材依頼を受けている。
繰り返し質問されるのは「これから先、どうなると思いますか」「こうした逆境の時、何を考えていますか」。
この本は、そのいちばん聞きたいことをテーマにした。

外食産業は日に日に追い詰められている。
経営塾やFC(フランチャイズ)オーナーの声を聞くと、春先、緊急で借り入れたお金も目減りしており、このままだと、12月には大きなヤマを迎える中小企業が多く出てくる。
そんな逆境下の経営者に、ともに戦おうと魂の50のエールを送った内容だ。

第1章では、「危機のとき、経営者がしてはいけない10のこと」として、冒頭に「国や不況のせいにはしない」「気持

「きく芋」で免疫力アップ! 健康の秘訣は「計画好き」 2020-08-28 12:05:00

新型コロナが流行し始めた2月以来、免疫力を意識して「きく芋」を毎日、口にしている。

現在、から揚げの天才で「きく芋サラダ」、ワタミの宅食で「きく芋ご飯」や「きく芋茶」を提供し、自社の有機農場「ワタミファーム」で急ピッチで、きく芋を栽培している。

東京女子医大の研究によると、きく芋に含まれる「イヌリン」という成分は「天然のインスリン」とも呼ばれ、脂質や糖の吸収を抑え、整腸作用や、免疫力アップの効果が期待される。

豊富な栄養の証しとして、きく芋を栽培すると、土壌から多くの栄養分が吸収され、1つの土壌で、きく芋は3年に1回しか生育しないという。
このスーパーBIOフード「きく芋」を、ワタミオーガニックの戦略商品と位置づけ、秋以降「大々的」に仕掛けていく。

私の健康へのこだわりを紹介したいが、ひと言で言えば「計画好きが健康の秘訣」だ。
私は経営者になった24歳から体重が1キロも変わっていない。
68キ

都知事の「時短要請」に意見あり!! 香港の国際企業を東京に誘致すべき 2020-08-21 12:05:00

東京都の酒類提供の飲食店への営業時間短縮要請、ワタミも影響は大きい。
しかし「社員の給料は絶対に削減しない」。
そう宣言した。
トップの方針は責任が重いものだ。
一方、都知事の方針で今、多くの都内の中小の飲食店が追い込まれている。

先日、ニッポン放送の番組で、舛添要一前都知事と対談した。
小池百合子都知事について、「敵」を作り、自分を浮上させる政治スタイルで、今回は「夜の街を『敵』としている」と批判していた。

厚生労働大臣も経験した舛添さんは「無症状のまま、人にうつす感染症は私も初めて」と語り「PCR検査をいかにやるかにかかっている」「臨時国会を開き、感染症法や新型コロナ特措法を変えて、1本の法律をつくるべきだ」と提言し、私も同意した。
法改正で、「自粛」や「要請」ではなく「強制」とし最後は、行政がその責任を持つべきだ。
その場合は「補償」であり、財源はコロナ債などしっかりと裏付けの仕組みを作るべきだ

「病院経営の危機」に思うこと 国民が幸せになる「改革案」を提言 2020-08-14 12:05:00

新型コロナウイルスの影響で病院経営が危機に陥っている。
日本経済新聞のコラムでも今年4月の平均外来患者数が前年同月比の2割減、赤字の病院の割合が45%から67%に増えたと伝えている。

私も2007年から13年まで、経営危機にあった岸和田盈進(えいしん)会病院(大阪府岸和田市)の理事長に就き、再建に携わった。

病院経営で大きいのは、医療の価格は国が決める公定価格であることだ。
ビジネスにおいて値付けは最も重要だ。
商品の付加価値を高め、どう値付けするかで戦略が完成する。
価格が既定ならば、もはや半分は経営ではない。
病院は半官半民に近いため、危機の際は国が企業以上に支援すべきだが、根本的な誤りは病院自体の「経営」の欠如にあると考える。

医師法によれば、医療法人の理事長は原則、医師か歯科医師でなければならない。
ただし、厚労相の認可を受けたものは、それ以外の理事からも選出できる。
私もオーナーであるのに、



テーマ別 政治家情報