政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・渡邉 美樹氏のホームページの評価と最新情報


  目次
渡邉 美樹氏のホームページの最新書き込み、最新情報
渡邉 美樹氏のプロフィール
渡邉 美樹氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


渡邉 美樹氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職ワタミ株式会社取締役会長,学校法人郁文館夢学園理事長
ホームページhttps://twitter.com/watanabe_miki



渡邉 美樹氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 渡邉 美樹氏のホームページは、ただいま調査中です。

渡邉 美樹氏のホームページの最新書き込み、最新情報


渡邉 美樹氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

【経営者目線】ワタミ「ワクチン接種で一杯無料」年内10万杯へ 10万円給付の費用対効果を問いたい 2021-11-19 12:05:00

「18歳以下の子供に10万円を給付する」。
耳障りのいい政治家の言葉だが、この10万円の財源は借金であり、借金を返すのは皮肉にも子供世代だ。
18歳以下の子供のいる年収960万円以下の世帯に年内に現金5万円、残り5万円を来春までにクーポンで支給する方針だが、昨年の国民一律10万円給付も大半が貯蓄にまわされた。

先日話した地銀頭取も、国民の貯蓄が7%も増えたのは、はじめての経験で異様だと言っていた。
今回、貯蓄を防ぐ反省があるならば、クーポンのみにすべきだし、クーポン支給を「来春」としたのは、来夏の参院選対策にもみえる。

この18歳以下10万円をはじめ、今回の経済対策30兆円の費用対効果に注目すべきだ。
会計検査院の指摘だと前回の予算が22兆円まだ未執行だ。
それなのに、次の予算が必要という議論は、1円でも大切に使おうという姿勢を全く感じられない。
国の借金を大きく増やすときには、それをどう返済するか

【経営者目線】ワタミ「牛タン串」今こそ感謝価格で!! ミートショックの先にもっと大きな財政危機 2021-11-12 12:05:00

原油や牛肉の価格高騰、この動きは「嫌な感じ」だ。
世界各国ウィズコロナで、経済を完全に止める政策はもうとらず、堅調な需要が見込まれる。
今後もこのインフレは続くであろう。

原油が高騰すれば、あらゆる物価の上昇を招く。
消費者の外出控えにもつながる。
日本は、賃金が上がらないまま、物価が上がる厳しい状況で、先行き景気が心配だ。

世界的なインフレに対して各国が引き締め政策をとりはじめた。
国際決済銀行(BIS)によると、2021年に主要38カ国の中央銀行のうち、13カ国が政策金利を利上げしている。
米連邦準備制度理事会(FRB)も量的緩和策縮小を決定し、緊縮への転換を図る見通しだ。
一方の日銀は、出口戦略を語ることすらしない。
円に対する世界の信任が心配だ。

懸念されるのは、各国が利上げに踏み切る中、日本は他国と歩調を合わせられないことだ。
先日会った地銀の頭取は「日本は利上げできない」と言っていた。
日銀は大

【経営者目線】客足戻らず「まずは岸田首相が連日外食を!!」 ワタミ「選挙に行ったら1杯無料」 2021-11-05 12:05:00

さる衆院選は、対立軸もなく与野党ともに「バラマキ」を訴える異様な選挙だった。

選挙前に財政健全化を訴え、与野党のバラマキ政策を批判した矢野康治財務事務次官の論文が話題になったが、ニッポン放送の私のラジオ番組に寄せられたメールを集計すると、矢野論文に対して、3割は「理解」、3割が「否定」、4割が「よく分からない」との結果が出た。
責任政党の自民党は本来「3割の理解者」と「4割の分からない人」に対しメッセージを出すべきだった。

現在の小選挙区制は、議員は公認がとれるかで全てが決まる。
だから議員も党中枢ばかりをみて国民をみない。
私は、党内でも意見が異なる候補を戦わせ、緊張感を持たせる上で、中選挙区制の復活が望ましいと考える。
その上で、比例復活制度は廃止すべきだ。

選挙結果を見ても、国民の過半数は自民党を支持し、立憲・共産に政権運営までは期待していない。
ならば、自民党内で政権交代と同じ作用を持たす

【経営者目線】「平日に飲む文化」取り戻すために ワタミ「コロナでもSDGs」 2021-10-29 12:05:00

東京都などで時短要請など全面解除された。
しかし「平日に飲む文化」が壊れてしまい、客足が元に戻るかは疑問だ。

飲食店の経営者からは「8000万円借金していて、協力金なければ月100万円の赤字。
協力金でプラスマイナスゼロ」「借金5億5000万円、現金2000万円の債務超過。
5月の協力金も入金されない」といった相談があった。

全面解除して70%しか客足が戻らなければ、相当の飲食店が倒産するかもしれない。
「飲んで帰る=社会悪」の風潮を変えないといけない。

とにかくキーワードは「安心」だ。
ワタミは接客従業員に抗原検査を実施するなど、月額約1000万円のワタミ安心宣言を継続している。

事業者がワクチンパスポートを導入しようにもワクチンへの「否定・批判」も一定数ある。
国がはやく具体的方針を決めてほしい。

何より感染者数が減っている「今、取り組むべきこと」がある。
病床数をしっかり確保し、ワクチンパスポー

【経営者目線】「胸が熱くなった」矢野財務次官の論文 バラマキ合戦「財源はどこにあるのか」 2021-10-22 12:05:00

矢野康治財務事務次官が月刊「文芸春秋」11月号に寄稿した、日本の財政破綻の危機に警鐘を鳴らしバラマキ政策を批判する論文に波紋が広がっている。
与党幹部なども強く批判しているが、私はこの論文を全力で支持したい。

矢野次官は、これを発表すれば、政治家に疎まれ、天下りポストにも影響するなど、自らの保身を考えれば、しなくていい理由はいくらでもあったはずだ。
バラマキ政策に黙する財務官僚を「黙してただ服従するのは、あたかも中国歴代王朝の宦官」と断じていたのが印象的だった。

国会議員でも財政再建論者は皆無だ。
私が議員バッジをつけていたときでも、財政破綻の問題提起には否定や批判を受けてきた。
議員の後ろ盾を得ず、官僚が意見するのは相当の覚悟だ。
それだけ危機的だと受け止めるべきだ。
この論文で、政治家も国民も動かないかもしれない。
しかし私には、矢野次官から若手財務官僚への「あきらめないでほしい」というメッセージ

【経営者目線】鹿児島県産「和牛焼肉」で世界へ ワタミ独自の「中国リスク・ルール」 2021-10-15 12:05:00

中国経済が注目されている。
9月27日付の日本経済新聞によると、中国の財政赤字が2025年に10兆元(約170兆円)を突破し、21年の2・3倍になる見通しだと報じた。
日本同様に年金や医療の給付がかさみ、「借金体質」になっている。

日本では、退職年齢や年金支給年齢を引き上げようとすれば、反対勢力が存在してなかなか実行に移すのが難しい。
ただ、中国は共産党の一党独裁で法律や制度改正に際し、国民のクーデターには懸念はあっても、通常、政策上の対抗馬がいないのでその点で懸念材料は少なく、日本の方が深刻ではないか。

中国の不動産大手「恒大集団」の経営危機も、実質的に中国政府がコントロールできるのではないかと見ている。
中国政府が恐れているのは格差の拡大で、不動産バブルを軟着陸させたい目的があったのだろうが、恒大の危機が、本当に中国経済を侵食する事態にまで深刻になれば、当局はすぐに救済策に乗り出すこともでき

【経営者目線】抗原検査済み従業員が接客「ワタミ安心宣言」 岸田首相への期待と不安 2021-10-08 12:05:00

岸田文雄首相が、総裁選で掲げていた「ワクチン接種証明の活用と検査の無料化・拡充」に外食業界としては期待したい。

緊急事態宣言の解除に伴いワタミは会社負担で抗原検査を行い、陰性を確認した従業員が接客するなどした、独自の「ワタミ安心宣言」を発表した。
検査費用をはじめ安心への投資に月額約1000万円の費用をかける。
全面解除といっても時短要請は続く。
営業時間を区切る考えは、エビデンスも不明確だ。
要請を守っていない飲食店も多く、不公平感が増しておりこれを機にやめるべきだ。

「第6波」は来ると想定して今こそ合理的な準備をすべきだ。
野戦病院のような臨時施設を建設し医療体制を拡充し、治療薬の開発を急ぐべきだ。
その上で、検査拡充やワクチン接種証明書を活用し経済をまわすしか、人類とコロナの共存はありえない。
即座に国会で必要な立法措置を行うべきだ。

一方、首相の方針で不安なのは、数十兆円規模の経済対策をはじめ

【経営者目線】菅首相は飲食業界を必死に考えていた ワタミ創業から唯一続けていること 2021-10-01 12:05:00

菅義偉政権がまもなく退陣する。
最後は支持率の低迷と批判ばかりが目についたが、皮肉なことに今になって、コロナの感染者数は激減してきている。

ニッポン放送の番組で、首相補佐官の阿達雅志参院議員と対談した。
参院議員時代の同期同僚で、商社マン出身だけあり「ビジネスの視点が分かる」数少ない政治家で期待している。
退陣については「一言で残念」と語っていた。

私から見ても、菅政権の12カ月間で「不妊治療の保険適用」「デジタル庁創設」「オンライン診療22年度解禁決定」「クアッド(日米豪印戦略対話)を閣僚級から首脳級に格上げ」「最低賃金の引き上げ額過去最高」など目ぼしい成果がある。

批判された発信力について、阿達さんは「黙って仕事をしていればいつか理解してもらえる」そうした首相の性格的な一面をあげた。
官房長官当時から迅速なコロナ対応やワクチン接種に向けて取り組んできたが、民間主体の医療機関が多く、保健所の設

【経営者目線】総裁候補へ質問「この国は財政破綻しませんか」 この秋「飲食店の倒産ラッシュ」も 2021-09-24 12:05:00

自民党総裁選(29日投開票)の各候補の政策が出そろった。

まず、岸田文雄前政調会長が昨秋に出版した『岸田ビジョン』(講談社)に目を通すと、日本円や国債の暴落に備え、「『財政健全化』に向かっているということを、内外に示しつづける必要がある」とする一方、「現在の100兆円を超す歳出を無理に減らすということではありません」と、具体的な国家経営が見えてこない。

次に、河野太郎行政改革担当相が出版した『日本を前に進める』(PHP新書)を手にとった。
感染症対応を自然災害と並べて論じ、「避難所になるような公共施設」に「患者を収容できるよう」な整備をするなど準備の必要性を説く。
ただ、コロナ対策が後手に回った理由として指摘される厚生労働省と医師会、国と地方自治体との関係の弊害といった本当の問題点には触れられていない。

遠慮せず、国民の命のために縦割りや既得権と戦ってほしい。
私は議員時代、党の部会で脱原発を

【経営者目線】「100%大暴落する」という投資家の考え ワタミ「円安」に強い企業体質作り 2021-09-17 12:05:00

自民党総裁選では大いに財政について議論してほしい。

コロナ不況といわれる中、7日に日経平均株価が一時3万円を超えた。
ニッポン放送の番組で、近著に『大暴落』(明日香出版社)を出版した、さわかみ投信会長の澤上篤人さんと対談した。
澤上さんは「実体経済と異なるこの大きなバブルは100%崩壊する」と警鐘を鳴らす。
世界各国で新型コロナに対応するため、中央銀行がお金を増刷し、補正予算を組む中で余剰したお金が、債権や土地、株価の上昇につながっているだけだと語る。

日本銀行は国債やETF(上場投資信託)を買い続けており、今の株価を支えている。
中央銀行は通常、国内総生産(GDP)比で10%台の財務だが、米国40%、欧州中央銀行60%に対し、日銀は130%、日本経済の1・3倍で「無責任だ」と澤上さんは指摘する。

日銀はETFを売ることはできない。
全員が投げ売りする機会をつくりかねないからだ。
ただ、売らないで持



テーマ別 政治家情報