政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・竹谷 とし子氏のホームページの評価と最新情報


  目次
竹谷 とし子氏のホームページの最新書き込み、最新情報
竹谷 とし子氏のプロフィール
竹谷 とし子氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


竹谷 とし子氏のプロフィール

役職
議会参議
政党公明
選挙区東京
議員以前の職
ホームページhttp://takeya-toshiko.jp/



竹谷 とし子氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 竹谷 とし子氏のホームページは、ただいま調査中です。

竹谷 とし子氏のホームページの最新書き込み、最新情報


竹谷 とし子氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

女性の声を政策に反映ー公明党女性委員会から菅総理と橋本担当大臣に提言を手渡しました 2020-10-10 10:32:57

こんにちは。
竹谷とし子です。
女性の声から生まれた提言を菅総理と橋本担当大臣に手渡しさせていただきました。
今年1月から、公明党の国と都道府県の女性議員が展開してきたウイメンズトーク。
全国でお声を寄せてくださった皆様、受け止めてつないでくださった公明党女性議員の皆様の労力があって、政策提言にまとめることができました。
選択的夫婦別姓の導入、アフターピル(緊急避妊薬)へのアクセス改善、不妊治療の助成拡大、保険適用、仕事との両立支援、出産育児一時金の増額、保育職員の待遇改善、コロナ禍で減収・失業への対策、子どもが文化芸術に触れるための支援、子どもホスピス、母子手帳の電子化など、さらなる女性活躍のための施策や妊娠・出産・育児・教育への切れ目ない支援、さらに、持続可能な社会に向けた女性の視点からのプラスチックや食品ロス問題対策、フードバンクや子ども食堂への支援など、全国各地で女性から寄せられた多様な

最先端技術が実用化されたスマートシティを視察(羽田) 2020-10-08 17:19:53

こんにちは。
竹谷とし子です。
羽田では、9月から、近未来を連想させるスマートシティが、実用化されています。
日本で初めて白ナンバーを取得した自動運転バスに乗車させていただきました。
タクシー会社さんが、遠隔で運行管理を行い、安全面で配慮されているそうです。
交通が不便な離島や過疎地域などでニーズのあるところで速やかに導入できるように後押ししていきたいと思いました。
(巡回している自動運転バス) 竹谷とし子☆石鹸手洗い☆マスク☆@続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

ドナーミルクの安定的普及に向けて - 公明党女性委員会視察 2020-09-29 17:13:20

こんにちは。
竹谷とし子です。
生後間もない赤ちゃんが、早産などでお母さんの母乳を得られない場合があります。
日本母乳バンク協会会長の、昭和大学水野克己教授が、母乳バンクをつくり、赤ちゃんにドナーミルクを提供できるように取り組んでいらっしゃいます。
このたび、ピジョン株式会社様の全面サポートにより、国内2拠点目となる「日本橋母乳バンク」がオープンしました。
寄付された冷凍母乳を、殺菌して、ウイルスや病原体がないかチェックし、厳格な個人情報管理のもと、保管して、極低体重で生まれた赤ちゃんに届けるための施設です。
ドナーミルクの効果について、水野教授のご説明を伺いました。
1500グラム未満で生まれた赤ちゃんがかかるリス続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

公明党全国大会 2020-09-27 21:06:03

こんにちは。
竹谷とし子です。
本日は、2年に一度の公明党全国大会。
山口代表が再任され、新任の石井啓一幹事長、竹内譲政調会長の体制で、再スタートしました。
つながりあう、支えあう温かな社会を目指して、団結して仕事をしてまいります。
菅自民党総裁も来賓としてご出席くださり、ご挨拶の中で、 不妊治療に関して、 ・公明党女性局の皆さんから強く要請を受けてきた・保険適用を早くできるようにしたい・それまでの間は、助成金を思い切って拡大したい と明言されました。
ご参考までに、Yotube動画47分過ぎのところです↓https://youtu.be/70DgS9NRyIU 【ライブ中継】20/09/27 第13回 公明党 全国大会YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
youtu.be 待っている方々のため、早く実現させたいです。
本日、竹谷は、壇上で副議長をつとめさせていただきました。
とても緊張しました

奥多摩町にある小河内ダムを視察ー多摩川流域治水対策プロジェクトチーム 公明党東京都本部 2020-09-15 17:53:53

こんにちは。
竹谷とし子です。
プロジェクトチームで小河内ダムの現場視察を行いました。
小河内ダムは、貯めた水を、発電と、水道原水に使う「利水ダム」です。
洪水対策に使う「治水ダム」ではないので、常時水を貯めておく必要があります。
一方で、多摩川には、治水ダムがありません。
2019年の台風19号のような大雨がまた降ってきても、多摩川の氾濫を防がなければなりません。
そこで、洪水対策にも、小河内ダムを利用する、事前放流協定が今年締結されました。
今後、一定の大雨が予測される場合には、事前に放流することになります。
一定の容量を空けておき、治水ダムとしての機能をもたせます。
それにより、上流に大雨が降っても、多摩川下流に流れる水の量を一定程度減らすことができます。
しかし、よい事ばかりではありません。
課題もあります。
小河内ダムを管理しているのは、東京都です。
国だけでなく、東京都の意見も聞くことが、大切で

多摩川流域治水対策プロジェクトチーム設置 第一回勉強会を開催しました 2020-09-10 10:08:34

こんにちは。
竹谷とし子です。
昨年の台風19号で、多摩川では、各地の観測所で、過去最高を記録する大雨が降りました。
都市部がある下流地域で川が氾濫しました。
住宅に流れ込んで、大きな被害が出ました。
上流の多摩地域でも、河岸がえぐられ、家屋が倒壊しました。
断水したり、橋が壊れるなど、東京各地でも、甚大な被害が発生しました。
現場に行き、切実なお声を、お聞きしてまいりました。
(2019年10月)(2019年11月) こうしたお声も受け、国が管理する部分の緊急治水対策が、昨年からはじまっています。
橋の架け替えなど時間がかかる工事もありますが、2024年の完成を目指していますす。
総額191億円かかる予定です。
一方で、多摩川は、国が管理する部分だけではありません。
国ではなく、東京都が管理し、工事を行っているところも多いです。
上流や支流、内水も含め、都だけでなく、市区町村が管理を担当する部分もあります。

公明党「令和2年台風10号」災害対策本部会議に出席しました 2020-09-09 13:58:16

こんにちは。
竹谷とし子です。
大型で非常に強い台風で、伊勢湾台風なみの猛威となることも予想された台風10号は、9月8日には朝鮮半島に上陸し、温帯低気圧に変わりました。
先週末にかけて、西日本に接近。
鹿児島、佐賀で、お二人が犠牲となりました。
8日時点で、宮崎では四人の方が安否不明となっています。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。
公明党では、災害対策本部(本部長:石井啓一衆議院議員、事務局長:宮崎勝参議院議員)を開催し、関係省庁から被害状況等についてヒアリングし、意見交換しました。
省庁との質疑応答の中で、地方議員続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

未開封ペットボトル飲料水の賞味期限の意味 ~ 期限が過ぎてもすぐ捨てないでください 2020-09-08 14:33:07

こんにちは。
竹谷とし子です。
台風10号が週末の日本を襲いました。
被災された皆さまにお見舞い申し上げます。
これから、台風シーズンが続きます。
ご自宅の備蓄品をチェックするなど、何もない時から対策をおねがいします。
災害時には、断水もあります。
そんな時に備えて、ペットボトル入りの水を、備蓄されている方も多いと思います。
そこで、今日は、飲料水の賞味期限について、大事なことを、書かせていただきます。
まず、飲食料品には、賞味期限がついていますが、賞味期限と消費期限は違います。
賞味期限は、袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存した場合に、おいしく食べることが十分可能と認められる期限です。
書かれた保存方法を守って適切な温度、湿度のもとで保存されていた食品は、賞味期限を過ぎても、必ずしもすぐ食べられなくなるわけではありません。
さらに、水についている賞味期限は、これと意味が異なるそうです。

政府備蓄米が子ども食堂に無償提供(申請方式で1カ所60kg)可能になるまでの舞台裏と今後 2020-08-31 11:36:37

こんにちは。
竹谷とし子です。
本年5月、新型コロナのため学校が休校になり、家庭の負担が増える中、農林水産省が、政府備蓄米を子ども食堂に無償提供することを発表しました。
過去2回、備蓄米をフードバンクなどに提供するよう国会質疑でとりあげるなどして、政府に求めてきました。
それが一部ではありますが実現することとなり、良かった、と思ったのもつかのま、「備蓄倉庫まで取りに行くこと」や「精米はせず玄米のみ」という条件があり、「利用したくてもできない」、というお声を多数いただきました。
各地の公明党の地方議員を通じて、「玄米だけでなく精米して提供してほしい」「都心から車を借りて60kg取りに行くお金をかけるなら買うのと変わらない。
」「60kg上限を見直してほしい」「子ども食堂だけでなく困っている家庭に送る米として使いたい」など、現場の子ども食堂からの声が、続々と集まってきました。
この現場の声をもとに、備蓄

G7の国で #同性婚 も #パートナーシップ 制度もない唯一の国は... 2020-08-28 17:57:33

こんにちは。
竹谷とし子です。
日本では、同性婚を認める制度も、同性カップルのパートナーシップ制度も、国の制度としてはまだありません。
しかし、G7の他の国では、イタリア以外では同性婚が認められており、同性婚を認めていないイタリアでも、2016年に同性カップルのパートナーシップ制度を導入しています。
結婚は、従来、男女間でなされるものでしたが、2000年にオランダが同性間の結婚を認める法律を制定して以来、同性婚を認める国は、着実に増加し、直近では、コスタリカが今年5月に同性婚を認め、29ヶ国・地域になっています。
(このうちメキシコは一部の州のみ) 結婚する権利は、性的指向と性自認にかかわらず、誰にも認められるべきであるという考えが背景にあるものと思われます。
たとえば、アメリカでは、2015年に、連邦最高裁が、婚姻の権利は合衆国憲法上の基本的権利であると認め、婚姻を異性間に限定する州法の規定は同性愛者の自由を侵害し、本



テーマ別 政治家情報