政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・三宅 伸吾氏のホームページの評価と最新情報


  目次
三宅 伸吾氏のホームページの最新書き込み、最新情報
三宅 伸吾氏のプロフィール
三宅 伸吾氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


三宅 伸吾氏のプロフィール

役職
議会参議
政党自民
選挙区香川
議員以前の職
ホームページhttp://www.miyakeshingo.net/index.php



三宅 伸吾氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 三宅 伸吾氏のホームページは、ただいま調査中です。

三宅 伸吾氏のホームページの最新書き込み、最新情報


三宅 伸吾氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

バッテリー(蓄電池)に関する様々なことで大臣に要望を申入れ、意見交換を行いました 2022-06-04 09:18:47+00:00

技術で勝って商売で負ける。
そんなことを繰り返さないためにも、今が大事な時期です。
バッテリーの材料やバッテリーそのものの製造、重要鉱物資源の確保など、国を挙げて支援をする必要があります。
また、二酸化炭素排出量の少ないクリーンな電気を使ってバッテリーを作らないと、国際的にバッテリーや自動車が売れなくなってしまいます。
そのため、バッテリー工場への安価なクリーン電力の供給が必要です。
さらに、日本の強みである技術力を磨くためにも、人材の育成にも力を入れなければなりません。

2022年6月 2022-06-01 23:03:15+00:00

「未来社会を創出する、バッテリー等の基盤産業振興議員連盟(バッテリー議連)」の要望活動のため、経済再生担当大臣、経済産業大臣と意見交換を致しました。
技術で勝って商売で負ける。
そんなことを繰り返さないためにも、今が大事な時期です。
バッテリーの材料やバッテリーそのものの製造、重要鉱物資源の確保など、国を挙げて支援をする必要があります。
また、二酸化炭素排出量の少ないクリーンな電気を使ってバッテリーを作らないと、国際的にバッテリーや自動車が売れなくなってしまいます。
そのため、バッテリー工場への安価なクリーン電力の供給が必要です。
さらに、日本の強みである技術力を磨くためにも、人材の育成にも力を入れなければなりません。
要望書。

2022年5月 2022-05-26 07:18:46+00:00

官房副長官に要望の申入れに行きました 「ラグジュアリー観光等の振興を通じ、我が国経済と文化の発展を目指す議員連盟」の要望書を、官邸の磯崎官房副長官に手交し、意見交換を行いました。
 海外の超富裕層の皆さんに日本に来ていただき、文化や自然などの日本の魅力をどんどん発信してもらうと共に、日本国内での桁違いの消費行動により日本経済を活性化させたいと思っています。
 インバウンド産業の拡大と観光外交という、従来にはなかった視点で、積極的に外国人観光客の誘致に取り組んでいくことが必要だと考えます。
要望書。

2022年3月 2022-03-15 03:33:42+00:00

国政報告を行いました。
資料。
*****************************************。
東京都行政書士会港支部で、外国人労働者問題について講演しました。
講演報告。

国政報告⑫ 2022春号 2022-02-28 05:00:39+00:00

国政報告 2022春号。

第4回 バッテリー議連を開催しました。
約200名が参加し盛会でした。
 2021-12-21 01:21:20+00:00

12月15日に、「未来社会を創出する、バッテリー等の基盤産業振興議員連盟」総会を開催致しました。
今年6月に旗揚げし、既に4回目の開催です。
今回は橋本和仁先生(物質・材料研究機構理事長)のご講演に続き、経済産業省より国の支援策についての説明があり、参加者は約200人と盛会でした。
  バッテリーは脱炭素社会実現に向けた戦略分野です。
中韓や欧米では積極的に大規模な国の支援が広がっており、日本が劣後することのないよう、平等な競争環境を確保するため、グリーンイノベーション基金、今年度補正予算で計3千億円前後の公的支援を確保できる見込みとなりました。

入管行政の適正運用について、官房長官、法務大臣に申入れを行いました 2021-12-21 01:19:15+00:00

要望書。
私が事務局長を務めている「出入国在留管理業務の適正運用を支援する議員連盟」の活動として、12月8日と20日に松野官房長官と古川法務大臣に対し、入管行政の運用の適正化と、法整備の不備解消について申入れを行いました。
来年の通常国会で、入管法改正についての闊達な議論を経て、人権を尊重するとともに法治国家としての我が国の基盤を守る入管行政を実現したいと思っています。

婚姻後の氏のあり方について、選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟総会を開き、議論しました 2021-12-16 01:31:36+00:00

12月16日に「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」総会を開きました。
旧姓の使用できる範囲を拡大することでは解決し得ない具体的な問題点について、様々な事案を通じて話し合いました。
あらためて、個人の尊厳を尊重する憲法の理念を実現する必要があると、意を強くしました。

ラグジュアリー観光議連の設立総会を開きました 2021-12-09 04:04:54+00:00

12月7日、自民党「ラグジュアリー観光等の振興を通じ、我が国経済と文化の発展を目指す議員連盟」設立総会を開催、司会を務めました。
議員・省庁・関連企業など150名を超える方々のご参加となりました。
私が発案し、ほぼ1年がかりで旗揚げの準備を進めただけに感慨深いものがあります。
観光大国に向け、活動を積極展開し、日本の文化の発展、経済の活性化、そして我が国のプレゼンス向上に寄与していきます。

2021年12月 2021-12-09 04:04:38+00:00

12月15日に、「未来社会を創出する、バッテリー等の基盤産業振興議員連盟」総会を開催致しました。
今年6月に旗揚げし、既に4回目の開催です。
今回は橋本和仁先生(物質・材料研究機構理事長)のご講演に続き、経済産業省より国の支援策についての説明があり、参加者は約200人と盛会でした。
  バッテリーは脱炭素社会実現に向けた戦略分野です。
中韓や欧米では積極的に大規模な国の支援が広がっており、日本が劣後することのないよう、平等な競争環境を確保するため、グリーンイノベーション基金、今年度補正予算で計3千億円前後の公的支援を確保できる見込みとなりました。
*******************************************。
12月16日に「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」総会を開きました。
旧姓の使用できる範囲を拡大することでは



テーマ別 政治家情報