政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・穀田 恵二氏のホームページの評価と最新情報


  目次
穀田 恵二氏のホームページの最新書き込み、最新情報
穀田 恵二氏のプロフィール
穀田 恵二氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


穀田 恵二氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党共産
選挙区比例
議員以前の職
ホームページhttp://www.kokuta-keiji.jp/



穀田 恵二氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 穀田 恵二氏のホームページは、ただいま調査中です。

穀田 恵二氏のホームページの最新書き込み、最新情報


穀田 恵二氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

国会から京都駅前の「緊急国会報告街頭宣伝」に駆け付ける 2020-12-05 22:30:27+00:00

  報告です。
4日、国会での本会議終了後、直ちに東京駅に向かい、京都駅前の「緊急国会報告街頭宣伝」に駆け付け、倉林明子副委員長・井上さとし両参院議員とともに、訴えました。
渡辺和俊・京都府委員長が司会を務め、たけやま彩子衆院近畿比例予定候補、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補、吉田幸一衆院京都4区予定候補も訴えました。
    私は、まず、今国会について、「政府・与党が国会を閉じようとしているのは言語道断だ」と述べ、「野党が一致して要求しているように、大幅な会期延長が絶対に必要。
12月28日までの会期延長を強く要求してきた」と紹介。
それは、「何よりも新型コロナの感染拡大が非常に深刻な事態だから」と指摘し、「重症者が増え、医療崩壊の懸念がある。
コロナには冬休みはない。
ここで国会が休みをとってどうするのか。
どうやって感染爆発を止め、営業と暮らしを守るのか。
国民の命がかかった重大局面であり、しっかりした対応

【お知らせ】赤旗日曜版12月6日号をご覧ください 2020-12-05 07:00:48+00:00

  「しんぶん赤旗・日曜版」12月6日号 も読みどころ満載です。
ぜひ、ご購読ください。
    安倍晋三後援会が主催する「桜を見る会 前夜祭」疑惑で安倍氏側が前夜祭を最初に開催した2013年から補填を隠ぺいするための工作を行っていたことが、日曜版編集部の調べで分かりました。
その舞台裏に迫っています。
さすがに、「桜を見る会」の報道元祖に相応しい調べですね。
    新型コロナは感染拡大が止まらず、医療機関・医療体制は逼迫しています。
党国会議員団の質問や、専門家の政府分科会の警鐘を掲載しています。
「第3波」の感染が全国最悪の規模と速度で拡大している大阪府の実態を調査した辰巳孝太郎・前参院議員のリポートが掲載されています。
    今週のカラー見開きは「私の愛したベートーベン」。
生誕250年のベートーベンの音楽と生涯についてを、指揮者の小林研一郎さん、俳優の稲垣吾郎さん、ピアニストの仲道郁代さんが語っています

野党国対委員長「国会会期の延長」を、大島衆院議長に申し入れ//共産党議員団総会開催。
国会での奮闘と総選挙での躍進を決意
 2020-12-04 22:30:37+00:00

  4日、国会の「会期延長に関する申し入れ」を大島理森衆院議長に野党国対委員長が揃って提出しました。
申し入れ文書では、「新型コロナウイルス感染症に対し万全の対策を講じるため」と指摘し、12月28日までの23日間の延長を提案しました。
    野党4党を代表して、立憲民主党の安住淳国対委員長は「新型コロナ感染症は拡大状況にある。
GoToキャンペーンについても様々な議論がある。
医療機関は崩壊の危機的な状況。
この先の収束の見通しはたっているのか。
国会は、ここで閉じてしまっていいのか」と述べ、会期延長を主張しました。
    大島議長は、「野党のご意見は承りました。
衆院議院運営委員会において議論し、結論を得たい」との発言にとどまりました。
写真下は、申し入れ文書です。
    *******   提出後の共同会見では、安住氏が大島議長に対し、会期延長を申し入れたことを報告。
そして、「桜を見る会」に関して「安倍総理

「アベ政治を許さない」3の日宣伝は、国会事務所にて 2020-12-04 12:41:00+00:00

  定例の毎月3日の「3日の宣伝」。
今月は国会対応で、国会議事堂正門前への参加ができず、残念です。
志を一つに、約束の13時には遅れましたが、事務所にて。
    書家の長谷川翠渕さんからいただいた「憲法9条」「憲法13条」の書を表装した額の前で、山宣こと山本宣治の拓本「山宣ひとり 孤壘を守る だが私は淋しくない 背後には大衆が支持してゐるから」を持って、アピールしました。
    国会議事堂正門前では、呼びかけ人の澤地久枝さんが「今年、最後の3の日でしたね。
来年こそ希望が持てる政治なるよう頑張っていきたい」と話しました。

【お知らせ】国会報告「緊急街頭演説@京都」を行います 2020-12-04 06:20:09+00:00

  4日、17時45分(チラシ発行以後、日程を若干変更)から、京都タワー前で「日本共産党 緊急国会報告」を行います。
倉林明子副委員長、井上さとし参院議員とともに駆けつけ、お話しする予定です。
ご参加の際は、マスクの着用と密にならないよう、ご協力をお願いします。
         

野党書記局長・幹事長会談「国会会期28日まで延長を」確認//与野党国対委員長会談 2020-12-03 21:45:24+00:00

3日、国会内で、与野党国対委員長会談を開催。
自民党の森山裕国対委員長が「予算編成作業を12月やらないといけない。
臨時国会での政府提出法案処理の目途がたったので、会期を閉じさせていただきたい」と提案。
これに対して、野党を代表して、立憲民主党の安住淳国対委員長は「認められない」として、「新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、対策に関する議論が不十分だ」と述べ、年末までの会期延長を重ねて要求しました。
この後、各党の国対委員長が各々発言しました。
    ******   与野党国対委員長会談のあとの共同ぶら下がり会見で、安住氏は、「ただ一つ合意したこと」として、「閉会中に新型コロナに関する委員会を積極的に開いていくこと」と与野党国対委員長会談の内容を報告。
私は、「国会を閉じるべきではない。
議員の役割とは何か、国民の声をきっちり踏まえて議論することだ。
国会の役割とは何か、やはり監視機能だ」と述べ、

2日に行った定例記者会見の『動画』です 2020-12-03 13:10:15+00:00

2日に、行った定例記者会見の『動画』です。
ぜひ、ご覧ください。
   

野党国対委員長会談//共同ぶら下がり会見//定例会見 2020-12-02 22:00:52+00:00

2日、国会内で野党国対委員長会談・連絡会(野国連)を開催。
臨時国会の会期末が5日に迫る中で、今後の対応を協議。
新型コロナウイルス感染症拡大に国会として対処するため、会期延長を求めていくことで一致。
3日に野党書記局長・幹事長会談を開き、具体化の協議することを確認しました。
    さらに、「桜を見る会」前夜祭をめぐって1年半にわたって国民と国会を欺いてきた安倍晋三前総理のウソの真相解明のため、安倍氏の国会招致を求める方針を確認しました。
  ******   野国連の共同会見で、立憲民主党の安住淳国対委員長は、会期延長の期間について、「3日の野党書記局長・幹事長会談を開いて正式に決める」としたうえで、「年末ぎりぎりまで、御用納めくらいまで」と述べました。
安住氏は、会期延長を求める理由として「新型コロナが明らかな感染拡大の局面に入っていて、地域によっては医療崩壊の危機に瀕している。
こういうときに国会

【お知らせ】5日・14時から姫路市の「日本共産党 街頭演説会」で訴えます 2020-12-02 12:55:01+00:00

  5日、兵庫県姫路市、JR姫路駅北で14時から、「日本共産党 街頭演説会」を行います。
国会報告を行い、来るべき衆院選挙に向けて日本共産党の躍進を訴えます。
こむら潤・尼崎市会議員(比例近畿ブロック、兵庫8区予定候補)と太田清幸・兵庫11区予定候補も訴えます。
ぜひ、お越しください。
ご参加の際は、マスク着用で密にならないようご協力をお願いいたします。
       

京都市伏見区ダイゴローで「日本共産党議会報告演説会」//向島NTで街頭演説会 2020-12-02 05:00:12+00:00

  報告です。
29日、宇治市長選告示日の応援の後、京都市伏見区のダイゴローで開催された「日本共産党演説会」と、向島ニュータウンの中での街頭演説で、たけやま彩子・衆院近畿比例ブロック予定候補、馬場紘平府会議員、西野さち子・赤坂仁の両市会議員と訴えました。
写真は、ダイゴローでの演説会。
    私は、まず、「告示されたばかりの宇治市長選挙での、ながさこ(長廻)千春候補の勝利へ、宇治市とは地続きである伏見のみなさんの大きなお力添えをお願いしたい」と強調し、大きく言って「4つの柱」で訴えました。
    第一は、「コロナ危機への対応で、政治の有り様が問われている」という内容です。
この中で、私は、①「感染症の爆発的増加とGOTOキャンペーン推進の右往左往など、菅政権はあまりにも無為・無策にすぎる」と厳しく批判。
「『年を越すことができない』という悲鳴に、政治が正面から応えるべき」「中小企業の淘汰を議論するよう



テーマ別 政治家情報