政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・穀田 恵二氏のホームページの評価と最新情報


  目次
穀田 恵二氏のホームページの最新書き込み、最新情報
穀田 恵二氏のプロフィール
穀田 恵二氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


穀田 恵二氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党共産
選挙区比例
議員以前の職
ホームページhttp://www.kokuta-keiji.jp/



穀田 恵二氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 穀田 恵二氏のホームページは、ただいま調査中です。

穀田 恵二氏のホームページの最新書き込み、最新情報


穀田 恵二氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

京都1区「3日間連休行動」その3-①//京都市上京、北区で宣伝と「集い」 2020-09-23 22:00:15+00:00

  報告です。
京都1区「3日間連休行動」の最終日、22日の午前中は京都市上京区で街頭演説3ヵ所と路地練り歩き宣伝、「仁和学区の集い」で訴えました。
午後からは北区で街頭演説 5カ所と「大宮学区の集い」で訴えました。
上京区では、くらた共子京都市会議員が、北区では、浜田良之京都府会議員、井坂博文・玉本なるみの両市会議員がともに訴えました。
写真下は、上京区ハウディ鞍楽前で訴える私。
    街頭宣伝と「集い」で私は、「コロナ後の社会が、コロナの前よりもより良い希望ある社会となるために、日本共産党は頑張りたい」として、主に、①菅新政権が「自助、共助、公助」を掲げているが、この哲学は「小泉構造改革以来の、福祉切り捨ての新自由主義政策にほかならず、いま求められるのは、憲法25条に基礎を置いた政治であること、②特に、コロナ禍のなか、最前線の現場で必死の奮闘をする医療関係者や保健所などの実情を踏まえ、医療と保健衛生

【お知らせ】「着物で、ブラこくた」いよいよ公開へ。
宣伝動画をご覧ください。
 2020-09-23 04:16:14+00:00

  京都府委員会の「JCPサポーター京都」によるYouTube企画『着物で、ブラこくた』の第1弾(前編)が27日、府員会のYouTubeチャンネル「JCP京都」で公開されます。
是非とも、ご覧ください。
「JCPサポーター京都LINE」に登録していただいている方は、25日・18時からの先行配信で、視聴できます。
     

京都1区「3日間連休行動」その2-②//京都市南・下京区で「こくた囲む集い」 2020-09-22 22:00:15+00:00

  3連休の京都1区「3連休行動」の2日目、午後からは、京都市南区と下京区の3ヵ所で、「こくた囲む集い」(党を語る集い)で訴えました。
取り組みを通じて、新しく入党者4人を迎えることが出来ました。
うれしい限りです。
写真は、南区・唐橋公民館で開催された「集い」で訴える私。
    私は、菅新政権をどう見るか、市民と野党共闘のこの5年間の画期的前進と到達点、「新しい激動的情勢のなかで、日本共産党はどのような社会をめざすのか ーー 「3つの根本的転換」と「7つの提言」などについて、縦横に語りました。
写真は、下京区・西七地域での「集い」。
    そのうえで、「16日、臨時国会の総理大臣の選挙で、野党がそろって新立憲民主党の枝野幸男党首に投票した。
これは日本共産党としても初めてのことです」と紹介。
また、中村喜四郎・立憲民主党衆院議員の発言も引いて、「衆議院では134名が枝野さんに投票した。
あと100議席増やせば、野党連合

京都1区「3日間連休行動」その2-①//京都市下京・南区で街頭宣伝 2020-09-22 11:10:30+00:00

  3連休京都1区「3連休行動」の2日目は、京都市下京区・南区での行動。
街頭演説を3ヵ所(下京区ではJR丹波口駅北のマツモト、南区では烏丸札の辻西入ると、イオン洛南店東)で行い、それぞれの宣伝場所に下京区・南区の府・市会議員全員(西脇いく子・山内よし子の両京都府会議員、かまの敏徳・井上けんじ・森田ゆみ子の各京都市会議員)がそろいました。
写真下は、JR丹波口駅北のマツモト前で。
    私の訴えは、冒頭に、お彼岸や敬老の日、中秋の名月(今年は10月1日)など季節に触れ、私が折々の京菓子や和菓子を愛でていることを紹介。
集まっていただいた方から「こくたはん、おはぎやったら、やっぱり東寺横の巴屋のおはぎやで」、「そやな。
私は昔から食べてる。
甘さが甘すぎず、いい塩梅やからね」と心通わせました。
    そのうえで、訴えの第一に「菅さんの掲げる『自助、共助、公助』について、「この新自由主義の考え方は、もともと小泉内

京都1区「3日間連休行動」その1//京都市中京区で街宣、集い、訪問活動 2020-09-21 23:00:54+00:00

20~23日の連休は、来たるべき総選挙での躍進、とりわけ比例代表選挙での近畿ブロックの議席倍化、京都1区での私、こくた恵二必勝をと、京都1区のすべての行政区での行動を計画しました。
20日は、その第1日目。
京都市中京区での行動。
街頭演説8ヵ所、「党を語る集い」2ヵ所、入党者を迎え、日曜版読者4人を増やすことができました。
写真は、朱雀第4学区で、支部や後援会のみなさんと宣伝。
    路地の辻々での宣伝では、車の中から手を振っての声援やわざわざ家から出て来ていただき声援を送っていただきました。
ありがとうございました。
    街頭宣伝や「集い」での訴えで、私は、「いま、解散総選挙があるかと言われており、また、菅政権をどう見るのか」として、「菅新政権は、『安倍内閣の継承』というが、どういう日本のつくるのかのビジョンが何もない」と指摘。
大きく3つの角度で訴えました(写真は、朱雀第3学区の「集い」で、ジャパンライフの

近鉄伏見駅前で、西山府議・山根市議とともに党躍進の訴え 2020-09-21 11:00:16+00:00

  19日、京都市伏見区の近鉄伏見駅前で、西山のぶひで京都府会議員、やまね智史京都市会議員ともに党躍進の訴えを行いました。
私はまず、「今日、伏見にやってきた主な目的は、そろそろ選挙も近いと言われているからだ」と切りだし、「比例代表で日本共産党とお書きいただきたい。
近畿ブロック28人の定数です。
このうち共産党はたった2議席しかない。
これではあまりにも小さすぎる。
ですから、比例代表で、日本共産党をせめて倍の4議席にしていただきたい、このことを訴えに上がったというわけであります」と強調しました。
    *******   そのうえで、私は大きく4つの点で訴えました。
第一は、菅新政権が掲げ「継承」しようとしている「新自由主義」の路線を根本的に変え、その害悪を克服しようということです。
この点で、私は「新しい政治のうねりが今起きている。
それは激動期に入ったということであります」として、「選挙が近いというこ

YouTube番組「着物で、ブラこくた」を収録しました 2020-09-20 23:30:28+00:00

  遅くなりましたが報告です。
完成が楽しみです。
先頃、ロケハンを行ったYouTube番組「着物で、ブラこくた」の収録にのぞみました。
JCP京都の青年サポーターのみなさんが朝早くからスタンバイ。
カメラマンあり、脚本家あり、動画編集にたけたプログラマーあり、動画作成に興味のある中学生ありの多彩なメンバーです。
この企画は、「人間こくた」の素顔と京都の伝統産業に光を当てて定期的に収録をしようとする試みで、第1回目は「箔屋野口」さんです。
写真左に写るのが野口さんの手による金箔で彩られた屏風です。
    奥には素敵なお庭が望めますが、まずは、着物で伺ったことからお話しし、ごあいさつから収録。
    2テイク目は、2階の工房で撮影。
    まずは、そもそも金箔とは何か、どのようにして西陣織の帯などに織り込まれるのかの説明から。
    最後に、尾形光琳の作品(紅白梅図屏風)で使われた金箔、銀箔についての「真偽」

国民救援会第59回京都府本部大会で挨拶 2020-09-20 13:30:45+00:00

19日、「国民救援会第59回京都府本部大会」に来賓として招かれ、ご挨拶しました。
私はまず、「国民救援会は1928年の結成以来、えん罪事件、弾圧や人権問題があれば、そこにはいつも国民救援会の黄色い旗がはためいている。
人権と民主主義擁護のために日々奮闘されているみなさんに、心から敬意を表します」とご挨拶しました。
    また、16日からの短時日で終わった臨時国会について、「菅新政権は、どんな国づくりをするのか、どんなビジョンを持っているのか、何も語る中身がない。
まさに行き詰まった安倍政権の『継続』を標榜する菅政権に未来はあない」と強調し、「いま、新しい政治の流れがある。
先の臨時国会の総理大臣指名選挙で、枝野幸男・新立憲民主党代表にすべての野党が首班指名選挙で投票した。
それは、16日、枝野代表が日本共産党の控え室を訪れ、『政権交代のために連携を』とお願いがあり、志位委員長が『野党連合政権への意思表示である』

18日、神戸元町・街頭演説のこくた訴え動画をご覧ください 2020-09-20 11:30:37+00:00

  18日、四条烏丸での街頭演説を終えて、神戸元町に移動して開催した街頭演説の私の訴えの『動画』です。
ぜひ、ご覧ください。
近畿比例ブロック予定候補(こむら潤尼崎市会議員、清水ただし衆院議員、宮本たけし前衆院議員)と田村智子副委員長の訴えの動画は、それぞれ日本共産党兵庫県委員会ホームページのYouTubeサイトから視聴できます。
   

戦争法強行から5年目の「19日総行動」@宇治市、京都市 2020-09-19 23:10:31+00:00

  安保関連法制(戦争法)が強行採決されてからちょうど5年目の19日、私はお昼に開催された「9・19宇治・城陽・久御山総行動」、夕方に京都市役所前で開催された「安保法制強行から5年! 9・19演説会&デモ」に参加し、日本共産党を代表して挨拶し、みなさんとデモ行進しました。
どちらの取り組みも、幅広い労働組合、市民団体、個人とともに、政党としては、日本共産党、立憲民主党、社民党、新社会党、緑の党から代表が挨拶(一部メッセージ)しました。
写真は京都市内のデモの様子。
    私は、挨拶の冒頭、「5年間、毎月、みなさんが19日行動を取り組まれてきたことに、敬意を表します」として、まず、菅新政権誕生に際し、浜矩子同志社大学教授が安倍政権の「功罪」というが「功」はないとしていることを引き合いに出し、「私は一つだけ『功』があると思います。
それは、市民と野党の共闘を誕生させ、これほどまでに前進させてきたことです」と指摘。



テーマ別 政治家情報