政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・安藤 高夫氏のホームページの評価と最新情報


  目次
安藤 高夫氏のホームページの最新書き込み、最新情報
安藤 高夫氏のプロフィール
安藤 高夫氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


安藤 高夫氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職
ホームページhttps://ameblo.jp/ando-takao/



安藤 高夫氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 安藤 高夫氏のホームページは、ただいま調査中です。

安藤 高夫氏のホームページの最新書き込み、最新情報


安藤 高夫氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

Ando Weekly 2021.1.17 2021-01-17 10:00:00

総務省消防庁では毎年、消防機関が実施した救急業務及び救助業務の状況をまとめ「救急・救助の現況」として公表しています。

2020年12月25日、総務省消防庁から「救急・救助の現況」が発表されました。
2019年の救急自動車による救急出動件数は663 万9,767 件、搬送人員は597 万8,008 人と過去最高を記録しましたが、前年との比較ではそれぞれ0.5%増、0.3%増と頭打ち傾向を示しています。

救急自動車による搬送人員の内訳を傷病程度別にみると、軽症(外来診療)が286 万9,027 人(48.0%)、中等症(入院診療)が254 万3,545 人(42.5%)、重症(長期入院)が48 万6,164人(8.1%)となっています。
このうち、総搬送人員に占める軽症の傷病者の割合は前年比▲0.8%とわずかながら低下しました。

このように救急搬送の増加ピッチが落ち軽症者が減少したのは好ましい傾向ですが、救急医療機関の現場で医師や看護師等の医療スタッフの業務量が増加し、将来的に救急患者の対応に支障を来

Ando Weekly 2021.1.10 2021-01-10 10:00:00

医療保険制度とは、病気やけがに備えてあらかじめお金(保険料)を出し合い、実際に医療を受けたときに、医療費の支払いに充当する仕組みです。
患者はかかった医療費の原則1~3割を支払えば済み、残りは自分が加入する医療保険から支払われます(保険給付)。
わが国では、すべての国民が公的な医療保険制度への加入を義務づけられています(国民皆保険制度)。

わが国の高齢化率が28%を超え、超超高齢社会を迎える中、医療保険制度の持続可能性が議論されています。
ここ1年半くらいの会議を振り返ってみます。

●経済財政運営と改革の基本方針2019(2019年6月21日閣議決定)。
「年金及び介護については、必要な法改正も視野に、2019年末までに結論を得る。
医療等のその他の分野についても、基盤強化期間内から改革を順次実行に移せるよう、2020年度の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太方針2020)において、給付と負担の在り方を含め社会保障の総合的かつ重点的に

新年のご挨拶 2021-01-01 08:14:24

謹んで新春をお祝い申し上げます。
 。
昨年はコロナ対応一色の1年でした。
私が理事長を務めている医療法人社団 永生会では、1月末の武漢市からの在留邦人帰国者への医療支援にはじまり、2月にはクルーズ船に人材を派遣するとともに病院にて患者の受入れを開始。
それ以降、市内の患者を順次受入れてきました。
そして現在も、地域の医療と介護を守るべく、職員一丸となってコロナと戦っております。
今この時も、コロナ対応に追われている医療従事者が全国にたくさんいることに思いを馳せ、その献身に心より感謝いたします。
 。
コロナに関しては、自由民主党の医師をはじめとした医療系議員とともに、医療崩壊を起こさせないための具体的な戦略についての提言を厚生労働大臣や党三役に行って参りました。
本年も、医療従事者・介護従事者に対する支援だけでなく、地域医療・介護を守る医療機関・介護事業所への財政的支援、そして感染状況の把握・治療薬と

Ando Weekly 2020.12.30 2020年の国会質問を振り返って 2020-12-30 10:00:00

本年も皆様方のご指導とご支援のお陰で、計5回の国会質問の機会をいただくことができました。
心より深謝申し上げます。
この場をかりて感謝を申し上げますとともに、少し振り返りをしてみたいと思います。

今年は、2月25日の予算委員会での質問を皮切りに、5月20日、8月19日、11月17日に開催された厚生労働委員会、6月3日の経済産業委員会で質問いたしました。

まず、新型コロナ関連の質問を振り返ってみます。
【2020.2.25 予算委員会第五分科会】。
● 行政の対応について。
「帰国者・接触者相談センター」に事前に相談したうえで指示を受けるルールの国民への広報策。
マスク着用の優先順位に関する厚生労働省の見解。
●現場の病院・診療所の対応。
民間医療機関に対する感染症対策の設備費用等の支援、民間医療機関から民間の検査センターへのPCR検査の直接依頼に関する厚生労働省の見解。
消防救急車による感染者搬送の事実確認と現場の混乱解消。
AMATやDPAT等の民間団体

Ando Weekly 2021.12.27 2020-12-27 10:00:00

Ando Weeklyでは、主に社会保障に関して、時々の国政の動向をできるだけわかりやすくお伝えしています。
2020年に取り上げたテーマは以下の通りです。
 。
1月12日。
救急の現況。
1月19日。
介護保険制度改革まとめ。
1月26日。
公的年金制度改革。
2月2日。
社会福祉連携推進法人。
2月9日。
循環器病対策基本法。
2月16日。
医療保険制度改革。
2月23日。
入院時食事療養費。
3月1日。
2/25予算委員会質問 新型コロナ。
3月8日。
2/25予算委員会質問 急性期リハ他。
3月15日。
育児休業制度。
3月22日。
中小企業事業承継制度。
3月29日。
介護報酬改定。
4月5日。
新型コロナ対策。
4月12日。
新型コロナ×オンライン診療。
4月19日。
新型コロナ感染者受入医療機関への支援策。
4月26日。
新型コロナ感染者受入医療機関への支援策 安藤案。
5月3日。
受入医療機関視察。
5月10日。
雇用調整助成金。
5月17日。
新型コロナ公的支援策。
5月24日。
厚労委員会質問 地域共生社会法案。
5月31日。
厚労省提出法案。
6月7日。
経産

Ando Weekly 2020.12.20 2020-12-20 10:00:00

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、「ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念です。
最近、医療分野におけるデジタルトランスフォーメーションが注目を集めています。

住み慣れた地域の中で質の高い医療サービスを実現するには、地域における医療機関等の間で必要な情報連携を進めていくことが重要です。
国は、 ICT を活用したネットワークを構築することで、こうした情報連携を効果的に進め、地域における質の高い医療の提供に寄与する取組を進めています。
そのためには、医療機関等において情報化を進めることにより、これまで紙でやりとりしていた院内業務や医療機関間における情報連携を効率的に行うことが必要になります。
下表は、医療分野の情報化の現状について、電子カルテシステム等の普及状況を見たものですが、電子カルテの普及率は、病院で46.7%、診療所で41.6%にとどまっています。

こうした状況下、政府は

Ando Weekly 2020.12.13 2020-12-13 10:00:00

先週は、医療保険制度改革における「大病院への患者集中を防ぎかかりつけ医機能の強化を図るための定額負担の拡大」について解説しました。
 。
全世代型社会保障検討会議。
①後期高齢者の窓口負担割合の在り方。
②大病院への患者集中を防ぎかかりつけ医機能の強化を図るための定額負担の拡大。
③予防・健康づくり。
新経済・財政再生計画 改革工程表2019。
④負担への金融資産等の保有状況の反映の在り方。
⑤薬剤自己負担の引上げ。
⑥医療費について保険給付率と患者負担率のバランス等の定期的に見える化等。
⑦「現役並み所得」の判断基準の見直し。
⑧今後の医薬品等の費用対効果評価の活用。
その他。
⑨傷病手当金の見直し。
⑩任意継続被保険者制度の見直し。

その際、対象病院の拡大として、「紹介患者への外来を基本とする医療機関」(「医療資源を重点的に活用する外来」(仮称)を地域で基幹的に担う医療機関)のうち一般病床数200床以上の病院を定額負担制

Ando Weekly 2020.12.6 2020-12-06 10:00:00

日本医師会では「健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を紹介してくれる身近にいて頼りになる医師のこと」を「かかりつけ医」と呼んでいます。
熱がある、体がだるい、食欲がないなど体調が悪いなと感じた時にまず相談する自宅近くの診療所や病院の医師のことです。
 。
先週に引き続き、医療保険制度改革の各論について見ていきます。
今週は、下表の論点のうち、②「大病院への患者集中を防ぎかかりつけ医機能の強化を図るための定額負担の拡大」を解説します。
 。
全世代型社会保障検討会議。
①後期高齢者の窓口負担割合の在り方。
②大病院への患者集中を防ぎかかりつけ医機能の強化を図るための定額負担の拡大。
③予防・健康づくり。
新経済・財政再生計画 改革工程表2019。
④負担への金融資産等の保有状況の反映の在り方。
⑤薬剤自己負担の引上げ。
⑥医療費について保険給付率と患者負担率のバランス等の定期的に見える化等。
⑦「現

Ando Weekly 2020.11.29 2020-11-29 10:00:00

わが国の国民皆保険制度では、75歳未満であれば会社員なら健康保険 (社会保険) 、自営業者なら国民健康保険の公的医療保険に加入することになります。
そして75歳以上になると後期高齢者医療制度へと移行します。

わが国の高齢化率が28%を超え、超超高齢社会を迎える中、医療保険制度の持続可能性が議論されています。
経済財政運営と改革の基本方針2019(2019年6月21日閣議決定)や全世代型社会保障検討会議中間報告(2019年12月19日)、新経済・財政再生計画改革工程表 2019(2019年12月19日経済財政諮問会議決定)等の会議で出た論点を下表にまとめてみました。
 。
全世代型社会保障検討会議。
①後期高齢者の窓口負担割合の在り方。
②大病院への患者集中を防ぎかかりつけ医機能の強化を図るための定額負担の拡大。
③予防・健康づくり。
新経済・財政再生計画 改革工程表2019。
④負担への金融資産等の保有状況の反映の在り方。
⑤薬剤自己負担の引上げ。
⑥医療費について保険

Ando Weekly 2020.11.22 2020-11-22 10:00:00

今週は11月17日の厚生労働委員会に出席、「予防接種法及び検疫法の一部を改正する法律案」に関する参考人(川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの宮坂昌之教授、公益社団法人日本医師会 の釜萢敏常任理事、薬害オンブズパースン会議の水口真寿美事務局長・弁護士)からの意見聴取・質疑において、国会における通算16回目の質問の機会をいただきました。

私からは、下記の5点を質問しました。
質問1:ワクチンの安全性及び有効性。
開発が進んでいるワクチンは、これまでにないmRNAワクチンやウイルスベクターワクチンなど、新しい技術を用いたタイプのワクチンもあると聞いている。
現時点でのワクチンの性能に関して、効果に関して期待できる点、安全面に関して懸念される点について専門家の御意見をお聞きしたい。
←焦らずに科学的データを見て判断すべき、予防効果が高い可能性はあるが、重症化効果は分からない、副反応の



テーマ別 政治家情報