政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・細野 豪志氏のホームページの評価と最新情報


  目次
細野 豪志氏のホームページの最新書き込み、最新情報
細野 豪志氏のプロフィール
細野 豪志氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


細野 豪志氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党無所属
選挙区静岡
議員以前の職
ホームページhttps://www.goshi.org/



細野 豪志氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2001/10/20


コメント 細野 豪志氏のホームページは、ただいま調査中です。

細野 豪志氏のホームページの最新書き込み、最新情報


細野 豪志氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

特定秘密保護法案のスピード審議  岐路に立つ安倍政権 2013-12-03 20:24:13

特定秘密保護法案の審議が山場を迎えています。
秘密を議論する時に忘れてはならないのは、政府の情報は国民のものであるという大原則です。
民主党が情報公開法の改正を含む対案を出しているのはこの考え方に沿ったものです。
参議院に送られた政府案は、特定秘密の対象、第三者機関、秘密の期間のどれをとっても問題を抱えたままです。
国会審議が紛糾し、各界から懸念が表明されている中で、安倍政権はなぜ会期内成立にこだわるのでしょうか。
戦前の秘密保護法制を調べてみました。
特定秘密保護法案に類似するものとしては、1899年に成立した軍機保護法と、1941年に成立した国防保安法があります。
前者は秘密の対象を軍事上のものに絞っているのに対して、後者は国家機密とされる情報全般を対象にしている点で、特定秘密保護法案と類似しています。
両法案ともに最高刑は死刑となっており、第三者機関は存在せず政府の裁量が大きかったため、国民を委縮さ

細野豪志よりお知らせ 2013-11-28 10:06:08

この度細野豪志ブログをホームページ内のブログに移設することになりました。
新しいブログのURLはこちらです。
https://www.goshi.org/archives/category/blog。
ブックマークなどの変更をお願いいともに、これからもお付き合いいただきますようお願い申し上げます。

須山浅間神社 世界文化遺産登録後初の例大祭 2013-11-23 17:52:46

静岡県裾野市の須山浅間神社の例大祭に出席しました。
富士山が世界文化遺産となり、浅間神社はその構成資産として遺産の一部をなしています。
昨年、神社は改修されましたが、神殿は200年前のままです。
更に古い神殿も神社の敷地内に残されています。

浅間神社は富士山信仰、すなわち富士講の信仰の対象となって来ました。
須山にも、富士講の信者がかつて宿泊した御師(おし)と呼ばれる家が残っています。
御師は信仰の先達としての役も果たし、全国に広がった富士講のネットワークの拠点にもなったようです。

大祭の形式は須山の皆さんにより、見事に継承されています。
特に、巫女の舞妓は、神楽の旋律に合わせて鈴の音を響かせるもので秀逸でした。
かつては御師の家の娘のみが舞うことを許された舞妓は、今は地元の子どもたちに継承されています。
明治以降、戦中ですら途切れなかったというから驚きです。

大祭は地域の共同作業で行われます。
こういった伝統文

もう風も吹かない 2013-11-18 10:58:31

演劇『もう風も吹かない』を見ました。
すごいの一言。
これまで、『ソウル市民』『冒険王』『火宅か修羅か』『ヤルタ会談』など、いくつかの平田オリザさんの作品を見てきましたが、この作品が一番インパクトがありました。
完成度の高い脚本と演出は圧巻でした。
葛藤する海外青年協力隊候補生を演じた役者も良かった。
私にもああいう頃が確かにありました。
途中、沖縄まで踏み込んだのには唸らされました。
様々な経験をしてきた副所長の「とにかく行ってみることだ」という言葉は、私には若者への応援歌に聞こえました。
協力隊の個別の評価は分かれたとしても、私は未来を切り開こうと行動する若者を応援したいと思います。
平田オリザさんの作品の設定では、日本の財政破綻と円の暴落は2025年あたりとのこと。
10年前にすでにこの作品を書いていることに驚きます。
現状はより深刻になっています。
政治家として、財政破綻と円の暴落によって日本の信頼が失墜

政治は文化に奉仕する。
天満天神繁昌亭の寄席から地域社会について考える。
 2013-11-15 18:25:50

先日、大阪の天満天神繁昌亭に行ってきました。
参議院選挙中、全国で最もにぎわっていた天満橋筋商店街に、もう一度行ってみたいと思っていました。
繁昌亭で行われている寄席も覗いてきました。
正直言って、その質の高さに驚きました。
東京の新宿末廣亭や浅草演芸場には時々行きますので、寄席の雰囲気には親しんでいるつもりだったのですが、繁昌亭の寄席は雰囲気が大きく違いました。
まずはその盛況ぶり。
平日の昼間でもいっぱいになるようです。
会場内は飲食禁止。
持ち込んだ大阪名物たこ焼きをロビーで食べるはめになってしまいましたが、なるほど会場内は和やかながらも熱気にあふれていて、ものを食べる雰囲気ではありません。
当然のように寄席の最中の出入りは禁止。
ちなみに、東京の寄席は大阪と比べると、まったりしています。
平日は客がまばらな日も多く、会場の中でいなり寿司なども置いていて飲食は自由。
噺家の目の前を客が平気で出入りすることも

高校授業料無償化の所得制限について考える。
ペイアズユーゴー原則を教育現場に持ち込むべからず
 2013-11-13 14:47:24

文科委員会での質問が終わりました。
高校授業料無償化に所得制限をもうける法案についてです。
質疑後に法案は可決されました。
高校生の学びを社会が支える仕組みが崩れるのは残念です。
私が問題にしたのは、年収910万円以上(上から2割)の世帯の子どもに充てていた予算を削り、今後は授業料を有料にして、その削った分を年収250万円以下(下から12%)の世帯の子どもに回し、今までの分に上乗せして支給するという仕組み。
高校生にもなれば本人は分かりますので、クラスの中で階級ができてしまう懸念があります。
低所得者対策には賛成ですが、財源は新たに確保すべきです。
ペイアズユーゴー原則は国家の論理。
学校に持ち込むべきものではありません。
もう一つは、前年の所得で判断するので、親の失業や死別などの新たな事情が生じた場合に、対応できるか定かでない問題です。
学校の設置者である都道府県が判断するとのことですが、個人のリスクを社会でカバーするとい

古田敦也さん野球教室開催 NPO法人みらいふくしま 2013-11-09 20:17:57

< みらいふくしまプロジェクト >NPO法人みらいふくしま主催の『古田敦也さんの野球教室』を開催しました。
青空のもと、総勢150近い小学生や保護者の皆様にご参加いただきました。
協力を頂いた皆さんに心より感謝申し上げます。
講師の古田さん、鈴木健さんのお二人ともさすがは元プロ野球選手、ウォーミングアップからひとつひとつの指導が行き届いています。
   私もユニフォームをお借りし、初めから参加しました。
青空の下で思いっきり身体を動かしすことができ、最高の一日となりました。
     何より、子どもたちが元気いっぱいに笑顔でグランドを駆け回る姿に励まされました。
  やはり、3.11以降、子供を外に出すことを躊躇した方が多く、野球をやる子供も減ったとのことです。
挨拶の中で、子供たちと保護者の皆さんにお詫びを申し上げました。
これからも、福島の健康や安全の問題には、政治家として党派を越えて全力で取り組みます。
そして、「みらいふく

四号機 燃料棒取り出しへ 廃炉に向けた重要な一歩 2013-11-07 18:25:15

四号機プールの燃料取出しが間もなく始まります。
新燃料を含む1535本の燃料棒を安全な場所に移すことは、廃炉に向けて極めて重要な一歩です。
2011年3月25日、「不測事態のシナリオの素描」(いわゆる最悪シナリオ)を受け取った時のことを思い出します。
3.11以降、悪化する事態をあとから追いかけて対応していました。
最悪の最悪を想定して対策を打つ。
アプローチの転換が必要でした。
日米の大論争の中で、四号機プールに水があることは確認できました。
我々が最も恐れたのは、そのプールが空になること。
何としても、それだけは阻止しなければならない。
プール底部を補強し、注水作業の自動化や不測の事態に備えた決死隊づくりまでやりました。
現場は汚染水をはじめ、数多くの難題を抱えています。
対応が不十分なところもまだまだあります。
しかし、困難な状況の中で、燃料取り出しについては、当初のロードマップ通り、2013年内に開始する

慎泰俊さんとの出会いから 児童養護施設議員連盟設立 2013-10-31 16:27:14

児童養護施設の議員連盟を立ち上げました。
きっかけは慎泰俊さんとの出会いです。
慎さんと一緒に施設を訪れて、私も行動を起こそうと思いました。
多くの児童養護施設の建物は古く、親に頼れない子供たちの経済状況も良くありません。
施設の職員の皆さんは懸命に働いていますが、小さい子どもたちの面倒を十分に見ることができません。
最近は、児童虐待が原因で施設に入る子どもたちが増えています。
写真は児童虐待防止のシンボルであるオレンジリボンです。
11月は児童虐待防止月間。
私は胸にオレンジリボンをつけています。
施設に関係している人たちが口を揃えて言うのが、幼児期に親からの愛情を受けていない子どもたちに必要なのは、信用できる大人がいるということを感じる機会であり、自らの人生は生きる意味のあるものだ感じる機会だということです。
しかし、施設に関わる職員が子どもたちに密に関ることのできる配置を満たす公費の支出がなされていませ

双葉郡教育復興ビジョン 文部科学委員会として 2013-10-22 14:21:19

国会での本格的な論戦が始まりました。
私は、今国会から文部科学委員会に所属することになりました。
これまで、原子力、海洋、宇宙など、「科学技術」の分野には関わってきましたが、「文部」すなわち教育政策への関わりは多くありませんでした。
そんな私が、文部科学委員会を志願したのには理由があります。
何としても実現したいと考えているのは、福島県の双葉郡に良い学校をつくることです。
福島復興のカギは、子どもたちが元気に育つ環境ができるかどうかにかかっています。
政府与党の時には、食品の検査体制や健康管理体制の整備などに取り組んできましたが、浜通り、特に双葉郡にはなかなか子どもたちが戻ってきません。
マイナスを取り除くだけではなく、プラスをつくらない限り状況は変わらないでしょう。
故郷を離れざるを得なかった双葉郡の中高生の中には、サテライト校で授業を受けている子どもいれば、新天地で学校に通っている子どももいます。
福島



テーマ別 政治家情報