政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・大塚 耕平氏のホームページの評価と最新情報


  目次
大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報
大塚 耕平氏のプロフィール
大塚 耕平氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


大塚 耕平氏のプロフィール

役職内閣府副大臣(担当は、6人の大臣の下、金融、郵政改革、地域主権推進、拉致問題
議会参議
政党その他
選挙区愛知
議員以前の職日本銀行
ホームページhttp://ohtsuka-kohei.jp/



大塚 耕平氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2010/05/15


評価コメント 政策に「財源の無駄使いをなくす」といってますが、民主党政権の赤字国債発行額は史上最高。政策を実行していただきたい。

コメント 大塚 耕平氏のホームページは、ただいま調査中です。

大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報


大塚 耕平氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

今さら聞けない、どうなる株価!? 2020-10-21 15:14:53

概要イベント名PPLセミナー 002。
テーマどうなる株価!?。
開催日2020年10月31日(土)。
時間13:30-15:00(約90分)。
会場オンライン(特設ライブ配信ページ)。
定員30名。
参加費無料。
申込必要。
申込締切2020年10月29日(木)23:59。
出演大塚耕平。
主催公共政策研究所(PPL)。
セミナーの内容長年の株価の推移を振り返り、その背景にあった金融政策との関係を整理します。
金融政策の仕組みをやさしく解説し、マネタリーベースとマネーサプライの違いなども説明します。
そのうえで、2013年から始まった異次元の金融緩和が株価にどのような影響を与え、それがコロナ禍でどのようになったのか。
世界の株価と日本の株価の関係を含め、「どうなる株価」という視点から考えます。
客観的事実に基づいて、ファクトフルネスに株価の真実と深層に迫ります。
※このセミナーは投資セミナーではありません。

プロフィール大塚耕平おおつかこうへい1959年、愛知県名古屋市生まれ。
県立旭丘高校、早稲田大学政経

PPLセミナー002:どうなる株価!? 2020-10-21 15:14:02


ツキディディスの罠 2020-10-17 14:09:28

米大統領選挙も佳境ですが、トランプ政権が通信5分野で打ち出している中国企業排除策。
同盟国に同調を求めていますが、日本は現時点では参加を見送ることを米側に打診。
米国の同盟国であり、経済的には中国から離れられない状態に陥っている日本。
米中対立が激化する中でどのように対応するのか。
安全保障及び経済に深刻な影響を与える極めて困難な課題です。
一議員としても隘路を模索しますが、コロナ禍で米中への渡航も叶わず、もどかしい状況が続いています。
1.サンドボックスコロナ禍による各国経済への影響に格差が広がりつつあります。
新規感染者数はほぼ皆無と喧伝する中国。
真偽はともかく、4月から6月期が3.2%成長と復調。
7月から9月期も5%強と見込まれています。
IMFの予測では2021年は8%成長。
予測通りとなれば、2021年のGDPは米国21.2兆ドルに対して中国15.8兆ドル。
中国のGDPはリーマンショック時の2008年には米国の約3割でしたが、2021年は75%に迫ります。
コロナ禍

PPLセミナー001:今さら聞けない、チャイナ2049・中国製造2025 2020-10-17 10:25:48


今さら聞けない、チャイナ2049・中国製造2025 2020-10-09 02:59:01

概要イベント名PPLセミナー 001。
テーマチャイナ2049・中国製造2025。
開催日2020年10月17日(土)。
時間13:30-15:00(約90分)。
会場オンライン(ZOOM ウェビナー)。
定員20名。
参加費500円。
出演大塚耕平。
主催公共政策研究所(PPL)。
セミナーの内容2015年にワシントンでベストセラーになったマイケル・ピルズベリー著「100年マラソン」の日本語版タイトルは「チャイナ2049」。
CIAの中国担当のエージェントであったことを明言するピルズベリーは「中国は建国100年後の2049年に世界の覇権を取り戻す計画を実行中であり、米国のパンダ・ハガ―(親中派あるいは中国専門家)はその真意に気づかなかった」と断じています。
同じ年に中国政府が発表した国家計画「中国製造2025」では「2025年に世界における製造業強国入り」を目指しています。
なぜこの時期にそのような展開になったのか、またどのような経緯でそうなったのか。
中国の近代史、戦後史を踏まえて振り返るとともに、米中対立の深層に迫ります。

AIと兵器 2020-10-04 14:10:40

トランプ大統領がコロナ感染で入院。
本人は「とても具合がいい」とツイートしましたが、メドウズ首席補佐官が「病状は予断を抱けず、次の48時間が非常に重要」とコメント。
未承認の抗体カクテルも投与されたと報道。
トランプ大統領が回復し、米国の混乱と世界の混迷を回避するためにも、大統領選挙が正常に行われることを祈念します。
日本も引続きコロナ禍。
ライフスタイルやビジネスモデルが変化しつつありますが、メルマガ445号に続いてDX(デジタルトランスフォーメーション)に関連する話題をお伝えします。
1.LAWS(ローズ)DXはあらゆる分野で加速すると思いますが、日本の社会、企業、個人がその流れに上手く乗れるか否か、予断は抱けません。
メルマガ445号でお示ししたとおり、DXを誤解、曲解した展開にならないように個人的にも努力したいと思います。
あらゆる分野で加速するということは、軍事分野も例外ではありません。
人間が戦争をしない、戦争のルールや展開が

半導体業界のスイス 2020-09-20 10:10:26

菅政権が発足。
デジタル庁が話題になっていますが、技術革新における日本の遅れは危機的状況。
デジタル庁を作っている間にも世界との距離は広がります。
そうした観点から目が離せないニュースがソフトバンクグループ(SBG)によるArm(アーム)のNVIDIA(エヌビディア)への売却合意。
以下、耳なれない企業名や技術用語が登場しますが、こういうニュースの深層を理解、共有することも、日本の重要な課題です。
1.ジェン・スン・ファン4年前のメルマガ364号で、ソフトバンクグループ(SBG)による英半導体設計企業アーム(Arm)買収の背景、そしてArmがどのような意味で超重要な企業であるかをお伝えしました。
その年、英国ケンブリッジにあるArmにも行きました。
2020年9月13日、SBGがそのArmを米企業エヌビディア(NVIDIA)に売却することを決定。
NVIDIAが自社Webサイトで公開した声明をもとに、事実関係を整理します。
売却額は最大400億ドル(約4兆2千億円)。
NVIDIAは買収資金の一部を自社株で賄います。

三耕探究セミナー045 2020-09-19 16:19:53

配信のご案内このページの動画配信予定日は2020年10月10日(土)です。
予定の時間になりましたら、自動的に配信が始まります。
配信された動画は約1時間後を目処にそのまま録画版としてご覧いただけるようになります。
視聴中に万が一何らかの不具合により閲覧ができなくなった場合は配信時間終了後に録画版をご覧ください。
このセミナーの内容のツイートやシェア等、外部への口外は禁止いたします。

支払いタグテスト 2020-09-15 10:30:14


新型コロナウイルス感染症対策 2020-09-12 11:56:12

感染予防・感染拡大防止の基本方針感染予防のために必要とされる対策の励行に努めます。
会場およびその設備の衛生環境の保全に努めます。
来場されるすべての方の健康管理に留意します。
感染予防の対策・感染拡大防止のための対策会場にご参加の皆様にはつぎのとおりお願い申し上げます。
ご来場時には、入り口等で手指の消毒をお願いいたします。
常時マスクの着用をお願いいたします。
ご来場時、検温へのご協力をお願いいたします。
体調がすぐれない場合や発熱のある場合には、ご来場をお控えください。
平熱以上の体温が検温された場合には、お帰りいただくことがございます。
その場合、後日録画を視聴できるようになっておりますので、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
他のお客様との距離や咳エチケットにご配慮ください。
会場内の衛生保全会場のミッドランドホールは天井が高く、換気も十分に行われています。
密閉および密接防止の観点から、適切な



テーマ別 政治家情報