政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・大塚 耕平氏のホームページの評価と最新情報


  目次
大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報
大塚 耕平氏のプロフィール
大塚 耕平氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


大塚 耕平氏のプロフィール

役職内閣府副大臣(担当は、6人の大臣の下、金融、郵政改革、地域主権推進、拉致問題
議会参議
政党その他
選挙区愛知
議員以前の職日本銀行
ホームページhttp://ohtsuka-kohei.jp/



大塚 耕平氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2010/05/15


評価コメント 政策に「財源の無駄使いをなくす」といってますが、民主党政権の赤字国債発行額は史上最高。政策を実行していただきたい。

コメント 大塚 耕平氏のホームページは、ただいま調査中です。

大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報


大塚 耕平氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

PPLセミナー第4回(BIP2021質疑応答セミナー)  2021-01-24 17:47:05

↗ チャットを別画面で開きたい場合はこちらをクリック。

BIP2021 前日テクリハ 2021-01-10 09:47:28


BIP セミナー2021  2021-01-05 14:18:49


BIP2021 ご案内(サンプル動画)の話をするサンプル 2020-12-26 14:31:45


BIP2021 ご案内(サンプル動画) 2020-12-24 13:30:09


脱炭素と技術革新 2020-12-17 15:40:37

コロナ対策が迷走しています。
ワクチンができてもコロナ根絶は困難と予測される中、ウィズコロナ、アフターコロナを巡る各国の鬩ぎ合いが激しさを増しています。
デジタル化のみならず、脱炭素、ESG投資など、世界の潮流を見誤ることなく、かつ遅れをとることのない、大胆で本気の政策対応が求められます。
1.カーボンニュートラル菅首相は所信表明に続いてG20オンライン会合でも2050年カーボンニュートラル(温室効果<以下温効>ガス排出量ゼロ)を宣言。
年内にも実行計画をまとめるそうです。
脱炭素は世界的な潮流であり、環境負荷の小さいエネルギー技術や関連産業を創造することは日本経済の命運に関わります。
人間はローマクラブの警鐘に漸く応え始めたと言えます。
京都議定書等の経緯も含め、若者世代にとってはもはや歴史の話。
少し整理しておきます。
ローマクラブは1970年に設立された民間シンクタンク。
資源・人口・軍拡・経済・環境破壊等の地球的課題に対処す

BIP2021 ご案内(サンプル動画) 2020-12-14 15:44:03


BIP2021テクリハ 2020-12-12 10:52:13


弘法さんを語る会 -第17回- 2020-12-07 17:26:19

毎年年末に開催している仏教セミナー「弘法さんを語る会」。
第17回目の本年は、覚王山日泰寺の、大書院「鳳凰台」で開催します。
今回の「弘法さんを語る会」は、秋に上梓した「愛知四国霊場の旅」(中日新聞社)の出版記念もかねています。
ご興味のある方はご参加ください。
(予約制です。
)。
会の名称「弘法さんを語る会」第17回。
開催日2020年12月20日(日)。
時間[10時の部]10:00から(残りわずか)。
時間[13時の部]13:00から 満員御礼。
会場日泰寺 大書院「鳳凰台」。
定員120名。
参加費無料。
申込必要(予約制)。
会の内容「弘法さんを語る会」は、覚王山日泰寺の地元で生まれ育った主宰者が、覚王山界隈の歴史深耕、地域振興のために開催している仏教茶話会です。
毎月の「弘法さん」の縁日に発行している「弘法さんかわら版」の内容などをお伝えしています。
今年は、世界的に認知されている本物の仏舎利(お釈迦様のご真骨)が、なぜ名古屋の覚王山という場所に奉安されることになった

ファイブアイズ 2020-11-24 14:48:11

感染症再拡大によるコロナ禍が続いています。
国会でのコロナ対策の検討にも腐心していますが、国際情勢、通商問題からも目が離せません。
以下、本文に登場する略称の日本語標記です。
EPA「経済連携協定」、TPP「環太平洋パートナーシップ協定」、RCEP「地域的な包括的経済連携協定(東アジア地域包括的経済連携)」、USMCA「米国・メキシコ・カナダ協定(新NAFTA<北米自由貿易協定>)」です。
1.TPP三原則まもなく12月。
今年の10大ニュースを考える時期が来ました。
トップは間違いなくコロナ禍。
その影響で少々影が薄くなっていますが、ブレグジットも大ニュースです。
1月末をもって英国はEUから離脱しました。
激変緩和のための移行期間延長を求める期限は6月末でしたが、英国は申請せず。
12月末をもって移行期間も終わります。
英国は新たな通商政策の第一歩として日本とのEPAにスピード交渉で9月に合意。
日英EPAは現在国会で審議中ですが、来年1月1日から発効する予定です。
交渉



テーマ別 政治家情報