政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・大塚 耕平氏のホームページの評価と最新情報


  目次
大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報
大塚 耕平氏のプロフィール
大塚 耕平氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


大塚 耕平氏のプロフィール

役職内閣府副大臣(担当は、6人の大臣の下、金融、郵政改革、地域主権推進、拉致問題
議会参議
政党その他
選挙区愛知
議員以前の職日本銀行
ホームページhttp://ohtsuka-kohei.jp/



大塚 耕平氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 2010/05/15


評価コメント 政策に「財源の無駄使いをなくす」といってますが、民主党政権の赤字国債発行額は史上最高。政策を実行していただきたい。

コメント 大塚 耕平氏のホームページは、ただいま調査中です。

大塚 耕平氏のホームページの最新書き込み、最新情報


大塚 耕平氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

スターリンク 2022-06-24 14:02:23

参議院選挙が始まりました。
経済と安全保障が大きな争点です。
ロシアのウクライナ侵攻、中国の海洋進出加速、北朝鮮の断続的ミサイル発射等、国際情勢は険しさを増しています。
経済はインフレ対策とともに、日本の産業や技術革新も課題です。
今や安全保障に関わらない産業や技術革新はないと言っても過言ではないでしょう。
デュアルユースの是非を論じていること自体、日本社会のガラパゴス化と建前論の弊害を感じさせます。
宇宙開発はその筆頭分野です。
1.SAR衛星5月中旬以降、ウクライナ軍劣勢を伝える報道が多くなっていましたが、ここに来てロシア軍予備役投入のニュースも飛び込んできました。
実際の戦況はよくわかりませんが、ようやくドイツ政府から自走式榴弾砲が提供されることが決まった等々、再びウクライナ軍挽回の雰囲気が伝わってきます。
ロシア軍侵攻以来、ウクライナ軍の善戦には米国等からの衛星情報の提供が寄与していると言われています。

アイスランド以上の悲劇 2022-06-17 11:18:34

今週14日「日本発の津波が世界を襲う」というネット上のコラムが一部の市場関係者の間で話題になりました。
日本の財政状況に警告を発しているフェルナンド・ウルリッチというエコノミストの動画内容の要約です。
このように言われること自体、日本の危機を表しています。
このメルマガが着信する頃は、日銀政策決定会合の真っ只中か、終了後でしょう。
決定事項に注目したいと思います。
1.アイスランドの悲劇アイスランドで昨年稼働した「オルカ」については、メルマガ474号(2021年11月9日号)で取り上げました。
ジオエンジニアリング(気候工学)の手法のひとつであるCO2直接回収(Direct Air Capture)プラントです。
「CO2収集機(コレクター)」のフィルターで大気中のCO2を吸着し、地下貯留する仕組みです。
プラント稼働には近郊のヘリシェイディ地熱発電所の廃熱を利用します。
DACプラントでは再エネを使用することが大前提です。
除去するCO2量よりもプラント稼働で排出するCO2量が多

KARGU2 2022-05-25 18:44:10

米国バイデン大統領が離日しました。
日本での記者会見で台湾有事に際して米国が軍事的コミットメントすると明言したことは、当然ながら非常に大きな意味を持ちます。
さっそく中国は反発しています。
米国当局は2027年に中国が台湾侵攻に踏み切るとの分析をレポートしています。
物騒な話ばかりですが、現実逃避はできません。
安全保障関係の情報も一層注視していきます。
1.負の側面(ダーク・サイド)ロシアのウクライナ侵攻は戦況の節目を迎えている感じです。
東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所はロシア軍に制圧され、ウクライナ軍アゾフ大隊の兵士が投降。
一方、ウクライナ側は「アゾフ大隊の任務は終了した」との意味深な声明を発表。
ロシア軍優勢のようにも思えますが、ロシア軍を東部に張り付けておくことがアゾフ大隊の役割だったと考えられます。
その間にウクライナ軍が欧米諸国から兵器供与を受け、反攻準備が整ったということでしょうか。
他の地域では

タカ派か、ハト派か 2022-05-08 13:59:26

GW直前4月28日の日銀政策決定会合、GW真っ只中の5月4日の米国FRB(連邦準備制度理事会)FOMC(連邦公開市場委員会)で真逆(金融緩和と金融引締)の決定がなされました。
GW明け後、5月9日週は為替、金利、株とも、当面の値頃感を探る神経質な展開になるでしょう。
1.タカ派的ハト派「タカ派」「ハト派」という用語があります。
政治家を形容する場合に使われたのが始まりですが、今では、軍や安全保障の関係者、あるいは中央銀行総裁の基本スタンスを示す場合にも使われます。
「タカ派」という用語のルーツは第3代米国大統領トーマス・ジェファーソンと言われています。
ジェファーソンは、フランスとの戦争を主張する好戦的な一派を「War Hawk(戦争のタカ)」と呼びました。
その後「タカ派」の反対語として「ハト派」という用語が誕生します。
ハトに穏健派、平和主義のイメージがあるのは、聖書の「ノアの箱舟」の記述に由来します。
人間の悪行を見かねた神々は大洪水を起こします

最恵国待遇撤回 2022-04-16 18:52:09

ロシアの目と鼻の先にNATOが配備されていることを「逆キューバ危機」と指摘する専門家もいます。
ゼーリック元世銀総裁は「米英中蘭4ヶ国による日本の経済封鎖が第2次大戦の遠因になった」という趣旨の発言をしました。
そして、本日はロシア黒海艦隊旗艦モスクワが沈没。
ウクライナは撃沈と発表。
露タス通信は「北欧2国がNATOに加盟したらバルト海に核兵器配備」と報道。
事態が激化・拡大・長期化することを前提に備えなければなりません。
1.ミール西側諸国は、ロシア中央銀行が諸外国に保有する外貨凍結、ロシア主要銀行の国際金融取引制限等の対露制裁措置を科しています。
4月5日、EUはロシアからの石炭輸入禁止等の追加制裁も発表しました。
さらに、プーチン大統領の娘2人、ラブロフ外相の妻や娘等の米国内資産を凍結。
新興財閥オリガルヒ制裁からさらに踏み込んでいます。
こうした制裁の影響で、ロシアの2021年実質経済成長率は4.7%でしたが、2022年はマイナス11.2%に

オリガルヒとサハリン 2022-04-03 17:24:30

ロシア軍がキーウ(キエフ改め)から撤退との報道。
真偽のほどはわかりません。
同時に、撤退後には多くの民間人の遺体が散乱し、ロシア軍は家々や遺体にまで地雷を仕掛けているとの情報もあります。
空前絶後の残虐さです。
プーチンの今後がどうなるかは見通せません。
停戦に至っても、常に身の危険に備える生活が一生続くでしょう。
国際社会の平和のために微力ながら何ができるか、自問自答します。
1.支持基盤の異変プーチン大統領には3つの支持基盤があると言われています。
第1の基盤は「シロビキ」と呼ばれる軍、諜報、警察組織です。
大統領自身がKGB諜報員だったほか、ソ連崩壊後にKGBの後継組織FSB(連邦保安局)長官を務めたことから、シロビキは大統領直轄組織となっています。
プーチン大統領は「チェチェン戦争」「ジョージア戦争」「シリア内戦介入」「クリミア併合」「ウクライナ内戦介入」「対IS」「カザフスタン民衆鎮圧」等、戦争や紛争介入の成果を誇って

ウクライナの憂鬱 2022-03-22 19:12:41

ロシアがウクライナに対して東部中心都市マリウポリの明け渡しを要求。
ウクライナは拒否。
既にマリウポリはロシア軍に包囲されているとの報道。
明け渡さなければ、おそらく一斉攻撃か兵糧攻め。
プーチンの狂気を止められるのは誰か。
ロシアの政商集団オリガルヒに期待する声もあるが、プーチンとは癒着関係にある同じ穴の貉(むじな)。
貉は主にアナグマのことを指す妙。
まさにロシア的です。
化学兵器や核兵器使用に至らないことを願うばかりです。
今週の国会ではゼレンスキー大統領のオンライン演説が行われる予定です。
1.フォルト・ライン紛争。
「戦争は始めたい時に始められるが、止めたい時に止められない」。
フィレンツェの政治家、外交官、軍人であり、「君主論」の著者として知られる政治思想家マキアベリの言葉です。
ロシアによるウクライナ侵攻はマキアベリの警句どおりの展開になっています。
如何なる理由があろうと、一般市民殺傷、軍事力による現状

BIP2022 質疑応答 セミナー 2022-03-07 12:16:42

↗ チャットを別画面で開きたい場合はこちらをクリック。

SWIFTとCIPS 2022-03-05 15:29:49

ロシア軍がウクライナ国内の欧州最大規模ザポリージャ原発を攻撃し、占拠。
既に常軌を逸していましたが、それを上回る暴挙を表現する言葉がありません。
原子炉が被害に遭えば、チェルノブイリ原発の10倍の放射能被害に遭うと報道されています。
ロシアを厳しく非難するとともに、戦争の早期終結を祈念します。
ウクライナ国民に連帯の意を表します。
SWIFT排除ロシアによるウクライナ侵攻を受け、3月2日、EU(欧州連合)と米国はロシアの銀行7行をSWIFTから排除することを決定しました。
2014年、ロシアのクリミア侵攻に対して、英国がロシアをSWIFTから切り離すことをEU各国に働きかけた際、ロシアのメドベージェフ首相(当時)は「宣戦布告に等しい」と発言。
SWIFT排除が如何に強い制裁措置であるかが覗えます。
しかし、資金規模でロシア2位のVTBバンクは対象にしていますが、最大のズベルバンクは含まれていません。
米欧側が微妙な配慮をしていることには当然背景があります(後

ステルス値上げ 2022-02-24 18:18:46

北京五輪が終わり、案の定、ウクライナ情勢が動き始めました。
米国の動きを封じるため、中露は極東海域でも示威行動を繰り返しています。
中東でもイランの背後で暗躍し、米国との核協議を頓挫させるでしょう。
世界は今年の経済減速が予想されていましたが、国際情勢の緊迫でさらに下押しされる可能性が高まります。
成長エンジン不在、インフレ、金融政策転換、国際情勢緊迫等、今年の経済の先行きは予断を許しません。
1.グリーンインフレ2月17日、ジャカルタでG20財務相・中銀総裁会議が開催され、原油高騰等によるインフレ圧力抑制対策で連携することを確認しました。
インフレは各国で顕著になっており、1月の米消費者物価指数は前年同月比7.5%上昇と第2次オイルショック後の1981年以来、約40年ぶりの高い伸び。
その背景にはいくつかの要因があります。
第1は当然、コロナ禍に端を発した世界的な金融緩和の影響。
コロナ禍で苦境に陥った企業や個人の救済が主目的で



テーマ別 政治家情報