政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

小倉 將信 衆議 東京 自民 ホームページ評価:未評価

就職・採用活動を経験した学生との意見交換について 2022-11-18 12:09:53

就職・採用活動を経験した学生との意見交換を行いました。
就活日程ルールが守られていない、周知が不十分、インターンシップの透明性を高めるべきなど様々な意見を伺いました。
また、いまどきの就活事情も知る続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』。

川田 龍平 参議 比例 立憲 ホームページ評価:未評価

食を通して子供の健康を守る 2022-10-27 18:43:02

本日開催された厚生労働委員会におきまして、川田議員は質問に立ちました。
質問の内容は以下になります。
①感染研が発表したコロナ感染後死亡した子供について②ワクチンによる感染症の蔓延予防効果について③ワクチン接種の有効性や安全性、新型コロナウイルス感染症の蔓延予防効果、感染予防効果、重症化予防効果などのリアルワールドデータについて④マスクについて⑤空気感染に対する積極的な対策について⑥農薬の安全性確保の考え方⑦若者の就農促進について⑧旅館業法改正案について 4回目接種した国の感染率は上昇が見られることからワクチンの予防効果は見られないように思われ、我が国は感染大国になっています。
特に、子供のワクチン接種においては慎重にしなければならないと思われます。
各自治体で実施している就農する方々への奨学金の支援を国としてどうするのか、食料安全保障の観点からも若者の就農支援は重要な課題です。
厚生労働委員会は

後藤 茂之 衆議 長野 自民 ホームページ評価:未評価

社会保障制度調査会長に就任。
 2022-09-29 17:27:37

1.9月20日の自民党の政調審議会、総務会で政調会の人事が了承され、正式に社会保障制度調査会長に任命されました。
社会保障制度調査会長は、従来から厚生関係グループのトップポストといわれており、歴代の会長は津島雄二先生、伊吹文明先生、鴨下一郎先生などが務めてこられた重いポストです。
前会長である加藤厚生労働大臣、元官房長官との入れかわりで今回会長を拝命することとなり、大変光栄なことと身の引き締まる思いです。
2.社会保障制度調査会は医療、介護、年金、福祉政策決定の党の中心であり、これから全世代型社会保障制度改革を担うことになります。
少子高齢化の下で、社会保障制度の持続性を確保し、国民生活の安定を図っていくことは重要な課題です。
来年度予算に向けて12月には少なくとも出産一時金、子ども対策等について取りまとめるとともに、今後医療、介護、年金各制度の改革にも取り組んでまいります。
厚生労働大臣と立場は入

佐藤 正久 参議 比例 自民 ホームページ評価:未評価

防衛力の抜本的強化に伴い自衛官の給与体系を抜本的に考え直すべき 2022-09-29 15:32:04

国防部会・安全保障調査会の合同会議が開催され、防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案及び9月25日の北朝鮮による弾道ミサイル発射について議論した。
〇自衛官の給与について地方協力本部の隊員と話をすると、自衛官募集の悲惨な現状が聞こえてくる。
一般職の公務員の給与引き上げに合わせて自衛官の給与も引き上げる法律案であり、これはこれで良いのだが、現在の募集難を考えると自衛官の給与体系を抜本的に変える必要があると佐藤は考える。
特に、自衛官候補生は最初約14万円、3ヶ月過ぎると約17万円である。
しかも警察・消防と違い、任期制自衛官では身分保障も約2~3年しかなく、それに加えて、警察・消防の勤務地は当該地方自治体内であるのに対して自衛官は全国転勤である。
働き方改革に取り組む民間で求人が増加している現状も考えると、今の自衛官の待遇では良い人材を確保することは難しい。
今回の法案で主に若い人の給料が上がっ

三浦 信祐 参議 神奈川 公明 ホームページ評価:未評価

これから参議院厚生労働委員会にて質問に立ちます 2022-08-25 14:01:14+00:00

これから参議院厚生労働委員会にて質問に立ちます。
コロナ感染症の全数把握、発生届などの緊急避難処置等について、政府に質問します。
10:50〜10分間です。
質疑の模様は参議院インターネット中継にてご覧いただけます。
The post これから参議院厚生労働委員会にて質問に立ちます first appeared on 三浦のぶひろ公式ウェブサイト|参議院神奈川選挙区|公明党青年局長・国際局次長.

渡邉 美樹 参議 比例 自民 ホームページ評価:未評価

【経営者目線】出生率減「3人目以降は1000万円」支給を!! 「ワタミの宅食」子育てママが大活躍 2022-06-24 12:01:00

厚生労働省が3日に公表した2021年の人口動態統計によると、女性1人が生涯に産む子供の推定人数「合計特殊出生率」は1・3となり、6年連続で低下した。

私は議員時代から3つの少子化対策を提言してきた。
①3人目以降は1人当たり1000万円を支給②出産費用無料化、産休中の所得保障などフランス並みの国費の投入③戸籍制度を撤廃して事実婚を認め婚外子比率を高める。

劇薬だとは思うが、特に有効なのは、3人目以降に1000万円ずつの支給だ。
子供ひとりがその後の人生で、納税や経済活動を行うことで1000万円の税金を投入する以上の効果がある。
3人目以降の背中を押すことで、現在の出生率をぐんと引き上げる意味合いもある。
国力を考えても人口1億人はキープすべきだ。
そのためには出生率を「1・8」にし、さらに20万人の移民が必要だ。
この数字を国民ともっと共有すべきであろう。

国全体の支出が出生率を向上させる枠組みにな

テーマ別 政治家情報