政治家ホームページ評価

評価項目議会
名前順

衆議

参議

その他

全部

得点順

衆議

参議

その他

全部

選挙区別

衆議

参議

その他

全部

政党別

衆議

参議

その他

全部

評価

日付順

衆議

参議

その他

全部

 政治家・安藤 高夫氏のホームページの評価と最新情報


  目次
安藤 高夫氏のホームページの最新書き込み、最新情報
安藤 高夫氏のプロフィール
安藤 高夫氏のホームページの採点は、未だ評価しておりません


安藤 高夫氏のプロフィール

役職
議会衆議
政党自民
選挙区比例
議員以前の職
ホームページhttps://ameblo.jp/ando-takao/



安藤 高夫氏のホームページの評価

総得点 : 未だ評価しておりません

評価日付: 


コメント 安藤 高夫氏のホームページは、ただいま調査中です。

安藤 高夫氏のホームページの最新書き込み、最新情報


安藤 高夫氏のツイート
 

当人のホームページの更新内容 

Ando Weekly 2022.9.4 「親子で考える税と社会保障入門」第4回 2022-09-04 10:00:00

「親子で考える税と社会保障入門」シリーズでは、人生100年時代を歩むうえで必要となる税と社会保障に関して、親子で考える素材を提供しています。
 。
「人生100年時代」という言葉をよく耳にするようになりました。
ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子どもの半数が107歳より長く生きると推計されています。
 。
 。

従来、仕事を中心に考えたライフステージは、学校で学び社会に出て仕事を覚える「教育期」が25歳前後まで、その後60歳で引退するまで続く「仕事期」、退職後の「引退期」に大きく分かれていました。
 。

 。
ところが、人生が100年となると、60歳くらいで仕事をリタイアして、そのあとは悠々自適に過ごすというのでは引退期が長すぎます。
上図は、「人生100年時代」という言葉が生まれるきっかけとなった「LIFE SHIFTライフシフト」の共著者リンダ・グラットン氏が描いたものです。
彼女は、人生100年時代には多

Ando Weekly 2022.8.28 「親子で考える税と社会保障入門」第3回 2022-08-28 10:00:00

「親子で考える税と社会保障入門」シリーズでは、人生100年時代を歩むうえで必要となる税と社会保障に関して、親子で考える素材を提供しています。
前回の「平均寿命」に続いて今回は「健康寿命」を考えます。
 。

 。
「健康寿命」とは、国連の世界保健機関(WHO)が提唱した新しい指標で、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間を言います。
「平均寿命」は介護を要する期間を含むため、生涯の健康な時期とに大きな開きがあることが指摘されていました。
上図は平均寿命と健康寿命の推移を見たもので、どちらも男女ともに延伸していますが、平均寿命と健康寿命の差は縮小していません。
平均寿命と健康寿命の差は、ざっくり言えば、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味します。
その期間は、2019年では男性8.73年、女性12.07年となっています。
今後、さらに平均寿命が延びたとしても、健康寿命との差が拡大すれば不健康な期間が延

Ando Weekly 2022.8.21 「親子で考える税と社会保障入門」第2回 2022-08-21 10:00:00

「親子で考える税と社会保障入門」シリーズでは、人生100年時代を歩むうえで必要となる税と社会保障に関して、親子で考える素材を提供しています。
第2回のテーマは「平均寿命」です。

上表は平均寿命の推移を見たものです。
「平均寿命」とは、0歳の乳幼児が生存するだろうと考えられる平均年数を指します。
2021年の平均寿命は、男性81.47歳、女性87.57歳で、女性の方が6.1歳だけ長生きです。
実は2021年は、新型コロナの流行の影響を受けて、東日本大震災以来のマイナスとなりました。
それでも日本は世界トップの長寿国です。
 。
よく聞くのは、男性の平均寿命が81.47歳なのだから、現在55歳の僕は81.47-55=26.47年だけ生きる可能性があるという話です。
これは間違いです。
下表は年齢別の平均余命=今後何年生きられるかを見たものですが、55歳の男性はあと28.36年生きられることになります。
 。
歳を取るにつれて少しずつ死亡のリスクをクリアしていくので、生存できる年

Ando Weekly 2022.8.14 「親子で考える税と社会保障入門」第1回 2022-08-14 10:00:00

私は、小さい頃から税や社会保障に親しんでほしいと思い、子どもに対する税と社会保障教育をライフワークにしています。
「親子で考える税と社会保障入門」シリーズでは、人生100年時代を歩むうえで必要となる税と社会保障に関して、親子で考える素材を提供できたらと考えています。
ご家族のみんなで議論していただけたら幸いです。
第1回のテーマは「少子高齢化」です。
 。

グラフは、日本の年齢別人口の推移を見たものです。
人口に占める高齢者の割合が増加する「高齢化」と、出生率の低下により若年者人口が減少する「少子化」が同時に進行しています。
 。
まず「高齢化」ですが、高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)によって以下のように定義されます。
 。
用語。
高齢化率。
日本ではいつから?。
高齢化社会。
7%超。
1970年に高齢化率7.1%。
高齢社会。
14%超。
1995年に高齢化率14.6%。
超高齢社会。
21%超。
2010年に高齢化率23%。
&

Ando Weekly 2022.8.7 2022-08-07 10:00:00

国の予算編成の流れを見ますと、6月の「骨太の方針」をベースに、7月に財務省が各省庁の予算策定の目安となる「概算要求基準」を作成、8月末までに各省庁が次年度予算の使い道を提案する「予算概算要求」を財務省に提出します。
その後9月から12月にかけて、財務省は各省の要求をヒアリングして予算として盛り込むべきか査定します。
12月上旬に経済財政諮問会議で議論する「予算編成の基本方針」を閣議決定、同月下旬には政府予算案が確定され、国会に提出されます。
 。
政府は7月29日、「2023年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針について」を閣議決定しました。
 。
 。
年金・医療等に係る部分を抜粋すると以下の通りです。
●前年度当初予算における年金・医療等に係る経費に相当する額に高齢化等に伴ういわゆる自然増として 5,600 億円を加算した額の範囲内において、要求する。
●「新経済・財政再生計画 改革工程表」に沿っ

Ando Weekly 2022.7.31 2022-07-31 10:00:00

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
 。

 。
先週に続いて医療界におけるSDGsについて、私が理事長を務める(医)永生会の取り組みを紹介いたします。
 。
永生会は、東京都八王子市を地盤とする医療介護福祉複合体です。
二次救急指定の南多摩病院、回復期・慢性期・精神の永生病院、回復期・慢性期・緩和ケアのみなみ野病院の3病院を運営するほか、クリニック、老健施設、グループホーム、訪問看護・リハ、居宅介護支援、訪問介護等を展開しています。


 。
まず、本来業務である医療に関連した、以下のような取り組みを進め

Ando Weekly 2022.7.24 2022-07-24 10:00:00

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
 。
 。

SDGsの基本理念は次の5つです。
Ⅰ 普遍性…先進国を含め、全ての国が行動。
Ⅱ 包摂性…人間の安全保障の理念を反映し「誰一人取り残さない」。
Ⅲ 参画型…全てのステークホルダーが役割を。
Ⅳ 統合性…社会・経済・環境に統合的に取り組む。
Ⅴ 透明性…定期的にフォローアップ。
 。
わが国では2016年5月、総理を本部長、官房長官・外務大臣を副本部長、全閣僚を構成員とする「SDGs推進本部」が設置されました。
さらに同年9月、行政、民間企業、有識者、NGO等の広範な関係者が意見交

Ando Weekly 2022.7.17 2022-07-17 10:00:00

政府では、人生100年時代を迎えライフスタイルが多様となる中、お年寄りだけではなく、子どもたち、子育て・現役世代の安心を支えていくため、働き方の変化を中心に据えながら、全世代型社会保障を検討しています。
 。
 。
2021年11月にスタートした全世代型社会保障構築会議の「議論の中間整理」が2022年5月17日に公表されました。
同会議は、高齢者人口がピークを迎えて減少に転ずる2040年頃を視野に入れつつ、新型コロナ禍で顕在化した課題を含めた短期的課題とともに、中期的、長期的な課題に対して、「時間軸」を持って取り組んでいます。

 。
「議論の中間整理」の中から地域共生社会に関する部分をご紹介します。
〇課題と目指すべき方向。
●孤独・孤立や生活困窮の人々が地域社会と繋がりながら、安心して生活を送れる「地域共生社会」づくりに取り組む。
●「住まい」をいかに確保するかは、老齢期を含む生活の維持にとっても大きな課題。
制度的な対応も

Ando Weekly 2022.7.10 2022-07-10 10:00:00

少子化社会対策白書は、少子化社会対策基本法第9条に規定する「少子化の状況及び少子化に対処するために講じた施策の概況に関する報告書」であり、政府から毎年、国会に提出されます。
 。
 。
政府は6月14日、令和4年版の少子化社会対策白書を閣議決定しました。
今回の少子化社会対策白書では、冒頭、少子化対策の現状が分析されています。

令和2年(2020年)の出生数は、84万835人となり、過去最少を記録しました。
合計特殊出生率は1.33と、前年比0.03ポイント低下しています。
合計特殊出生率とは、1人の女性が出産期と想定した15歳から49歳までに産む子どもの平均的な人数を指します。
年齢構成の違い等を取り除いた指標であり、過去のデータや海外との比較が可能になります。
合計特殊出生率は2005年に1.26で底を打った後、団塊ジュニアが出産適齢期に入ったために2015年の1.45まで上昇していましたが、それ以降は再び低下傾向に転じています。
&nbs

Ando Weekly 2022.7.3 2022-07-03 10:00:00

病気やけがで医療機関に入院したときは、療養の給付とあわせて食事の給付が受けられます。
一般的な入院時食事療養費は1食640円ですが、平均的な所得の方の自己負担額(標準負担額)は460円です。
 。
物価の上昇が止まりません。
下図は2020年を100とした時の消費者物価指数の推移(総務省)ですが、2022年5月の総合指数は101.8、食料品が102.6、電気代に至っては117.8まで急上昇。
しています。


こうした物価高騰を受けて、病院給食が採算悪化に見舞われています。
現在、1日当たりの入院時食事療養費は640円/食×3食=1,920円ですが、1994年に1日1,900円で制度が導入されて以来、1997年に消費税対応(3%→5%)で1,920円になったものの、25年間ほとんど変わっていません。
さらに、2006年度診療報酬改定において、1日当たりから1食当たりの算定に変更されたほか、特別食加算が引き下げられた(350円/日→76円/食(228円/3食))ため、大きな影響を受けました。
例えば夕食を食



テーマ別 政治家情報